デメリット

おにぎりをアルミホイルで包むデメリットは、電子レンジでそのまま温められないことです。電子レンジで加熱したい場合は、耐熱皿に移さないといけません。手間がかかりますし、洗いものも出てしまいます。

また、アルミホイルにごはんがくっつきやすいというデメリットも。包んだアルミホイルの凹凸部分に、ごはんが入り込むと食べにくいことがあります。

おいしいおにぎりを作るポイント

素手で握るのは避ける

おにぎりを素手で握るのは避けてください。ごはんに直接触れてしまうと、手からおにぎりに菌が移ってしまい、食中毒の原因になるおそれがあります。おにぎりを安全においしく食べるため、おにぎりはラップで成形しましょう。

温かいごはんを握る

冷たいごはんは、かたくて握りにくいです。力が必要なうえに握る回数が多くなるので、米がつぶれてふっくら感が損なわれてしまいます。炊き立てのごはんを使うのがベスト。冷やごはんを使う場合は、電子レンジで温めてから、おにぎりを作りましょう。

冷ましてから包み直す

おにぎりを握る際に使用したラップで、そのまま包むのは避けましょう。おにぎりが冷めてから、新たなラップ、もしくはアルミホイルで包んでください。温かいごはんを握ったラップで包んでしまうと、おにぎりが蒸れたりべちゃっとしたりしてしまいます。

塩味をおいしくつけるコツ

おにぎりを握るときは、ラップに塩をまんべんなく振っておきましょう。このラップで握れば、おにぎりの表面に均等に塩味がつき、おいしく食べられます。

ほかにも、ごはんに塩を混ぜてから握る方法もあります。ボウルに温かいごはんと塩を入れ、混ぜ合わせてから成形しましょう。ごはんをつぶさないようにやさしく混ぜることと、塩を入れすぎて塩辛くならないように気をつけてくださいね。

編集部のおすすめ