お米の水加減、失敗ばかり…基本の割合&手や指を使う計量テク!

炊きたてのお米はとてもおいしく、気持ちも満足させてくれます。しかし、いつもと同じ水加減でもお米によって硬さが変わりますよね。今回は、お米と水の割合、さらに手や指を使った計量テクなど、米の水加減に迫ります!

おいしく炊けるお米の水加減が知りたい

同じ品種のお米を使っていても、いつも同じ水加減で炊いていると季節によって炊き上がりの状態が変わることがあります。新米の場合や、古米の場合など状況に合わせて水加減を微調整することも大切。

おいしいお米を炊き上げるためには、どのような水加減を目安に覚えておけばよいのでしょうか?お米1カップに対してお水はどのくらい必要なのかを基本に、おいしいお米を炊くためのコツをご紹介しましょう。

【基本の割合】お米1に対して水は1.2

まずは一般的な白米を炊く際に基本となる、お米の量に対する水の割合をご紹介します。

一般的な白米の場合には計量カップ一杯すり切りで180ccを測ることができますが、この量がお米1合に相当します。そしてお水の量については1合のお米に対し、1から1.2となる200cc前後がベストです。

ミネラルウォーターを使う

お米は炊いている間ではなく、研ぐ際にたっぷりの水を吸い込みます。中でも一番最初に触れるお水をたくさん吸うのだとか。ですので、綺麗なお水でお米を研ぐほうがおいしいお米を炊き上げることができるのです。

お水のおいしい地域でお米を食べると非常においしいと感じるのですが、これは気分的なものではなく、実際にお水がおいしいからこそ、お米がおいしくなるのです。ミネラルウォーターなどを節約したい場合には、最初にお米を研ぐ際にミネラルウォーターを使用し、炊く時には水道水でも構いません。

とはいえ、出来れば炊く時にもおいしいお水を使った方が良いので、ウォーターサーバーなどを常備しておくとおいしいお米を炊くことができるでしょう。浄水器のあるご家庭は、浄水器の水を使っても問題ありません。

玄米やもち米の場合

白米ではなく、「玄米」や「もち米」を炊く際の水加減についても、基本的な分量をご紹介します。

まず玄米に関してはカップ一杯で1合になりますが、ベストなお水の量は300ccとなります。硬めに炊きたい場合には240ccから250cc程度。柔らかめに玄米を炊きたい場合には350ccから360cc程度の水加減で炊きましょう。

もち米はカップ一杯1合に対し、150ccの水量がベストになります。もち米の量よりも水の量が少ないと感じますが、お水の量を多くするとベタベタになってしまいます。少々硬めに炊き上げる感覚で水加減に注意してください。
▼冷凍ご飯の上手な解凍方法は、こちらから!

固めに炊きたい!場合の水加減は?

固めのお米が好きという方や、お寿司などのように固めのご飯を炊きたい場合には、お米を1の量に対して、水は1.2までを守ってください。プラスであってもマイナスであっても水の量が1.2を大きく離れてしまうと炊き上がりはおいしくありません。

固めにしたい場合には、お米1に対しお水を1。柔らかめにしたい場合には、お米1に対しお水を1.2にするなどといった微調整でおいしく炊き上げましょう。

お米によって水加減は変わる!

近年では研ぐ必要がなく、すぐに炊くことのできる無洗米なども販売されていますね。どのような状態で炊飯ジャーのスイッチを入れるかによって、水加減も変わってくるのです。以下で細かくご紹介していきましょう。

洗い米

お米はきれいに研いだ後でしっかりと浸水させてお水を吸い込ませるほうが、おいしく炊き上げることができます。このような洗い米の場合には、お米1に対し水加減は1から1.2がベスト

無洗米の場合

無洗米を2回から3回研いで炊く場合には、お米1に対し水の量を1.1程度にすると良いでしょう。

新米の場合

毎年、新米が出る頃になると、おいしいご飯が食べられる!と嬉しくなる方もいるでしょう。

新米というのは、収穫から時間が経過しておらず収穫直後のお米を指しています。このような新米は水分をたくさん含んでいますので、お米を炊く際の水加減はお米1に対し1から1.1がベストです。

一般的な白米はお米1に対しに1.2の水加減がベストですが、それよりも少なめに炊く方が新米はおいしくふっくらと炊き上げることができますよ。

特集

SPECIAL CONTENTS