マッシュルーム風味が絶品!「ジャスミンライスでピラフ」のレシピ

香り高いジャスミンライスを使って、ヘルシーで、マッシュルームの風味豊かなピラフはいかが?材料を混ぜ合わて煮込む簡単レシピで簡単に作ることができますよ。一緒に食べたいギリシャ風レモンチキンスープのレシピもご紹介します。

「ジャスミンライスでピラフ」のレシピ

シンプルな工程でできちゃうピラフです。レシピ考案者さんによれば、一番大変なのは玉ねぎを切るときに涙が出ちゃうってこと。ちなみに玉ねぎは、冷蔵庫に入れておけば、切るときに室温で置いておくより涙が出づらいです。

材料・6~8人分

オリーブオイル…大さじ2杯
玉ねぎ(小)…1個、薄くスライス
有塩バター…113g、溶かしておきます。
ガーリックパウダー…小さじ1杯
粗びき黒コショウ…小さじ4分の1杯
食卓塩…小さじ8分の1杯
ジャスミンライスのような細長い粒のお米…カップ1杯(なかったら普通のお米で)
マッシュルーム…226g、薄くスライス
スープストック…ビーフかチキンスープでカップ2杯

※オプションで、トッピングにパセリかネギを

調理方法

1、大きな鍋で、中火で油を熱し、玉ねぎをやわらかくあめ色になるまで5~10分炒めます。バターとガーリックパウダー・黒コショウ・塩を入れ、よく混ぜたらお米を入れてさらに混ぜ、マッシュルームとスープストックを追加します。

2、混ぜながら沸騰したらすぐに火を弱め、ふた(ぴったりしたサイズのもの)をして30分煮込みます。

3、ふたは開けないまま煮込んだら、そのまま火を消して5分置きます。お好みで塩コショウなどでさらに味をつけていただきましょう。
材料を入れて沸騰させれば、あとは煮込んでお米にゆっくりと火を通すだけ。マッシュルームの風味豊かな香ばしいピラフができちゃいますよ。

ジャスミンライスは、タイ米でかなり香りが強いです。日本のものとくらべるとパラパラしていますが、ほかの食材のうまみがよくしみ込んで美味なんだとか。ですので、今回のピラフにもジャスミンライスはぴったりなんですね。タイカレーを食べるときもこのお米で食べるほうがおいしいという意見も。

エスニック料理がお好きな方にはおすすめのお米です。

こちらの記事を参照しました。(海外)

ギリシャの味「レモンチキンスープ」のレシピ

材料・6~8人分

チキンスープ…カップ10杯
オリーブオイル…大さじ3杯
にんにく…8かけ、みじん切りに
玉ねぎ…1個
レモン(大)…1個分、皮をすり下ろします。
鶏むね肉…2枚、骨も皮も取り除きます。
クスクス…カップ1杯(小麦粉を丸めて粒状にしたもの。なくてもOK)
赤唐辛子…細かくして小さじ2分の1杯
フェタチーズ(やぎのチーズ)…56g、細かくカットします。
ネギ…小口切りでカップ3分の1杯
塩とコショウ

調理方法

1、鍋にオリーブオイルを中弱火で熱し、玉ねぎは皮をむいて4分割し、薄くスライスします。油が熱くなったら玉ねぎ・にんにくを入れ、3~4分炒めます。

2、チキンスープ・鶏肉・レモンの皮・唐辛子を加え、強火にしてふたをし、沸騰させたら中火に弱めて、5分煮ます。

3、クスクス・塩小さじ1杯・黒コショウを追加し、混ぜてさらに5分煮たら火を消しましょう。

4、鍋から鶏肉を取り出して、フォークなどを使って細くちぎります。鍋にもどして、フェタチーズとネギを散らせばできあがり。
ドライパスタの一種ともいえる『クスクス』は、もともとは北アフリカの伝統食材。それがフランス・スペインやイタリアにも伝わって、今は多くの国で愛されています。ピラフと一緒にスープを作る場合は、入れなくてもいいかと思いますが、ご紹介しておきます。

ギリシャでは、このレモン風味で、酸味豊かなスープが定番とのこと。ぜひトライしてみてくださいね。

こちらの記事を参照しました。(海外)

特集

SPECIAL CONTENTS