意外と知らない!お米一合で何グラムか言える?お酒も計算は一緒?

毎日の食卓に欠かせないお米。でも、お米一合が何グラムかと聞かれたら、意外と知らない人も多いのでは?お酒の場合、何グラムかご存じですか?今回は、お米を中心に、一合とグラムに関する疑問にお答えしましょう。

2019年2月28日 更新

お米1合って何グラムあるの?

日本人の毎日の食卓に欠かせないお米。炊き立ての白いご飯があれば、あとはインスタントのお味噌汁やお漬け物だけでも十分というほど、日頃の食事にお米は欠かせないという方も多いのではないでしょうか。
食べ盛りのお子さんを持つお母さんなど、「うちは毎日3合お米を炊いても足りない」など、かなりの量のお米を消費しているご家庭も多いのではないでしょうか。ですが、この「合」という数え方、グラムにするといったいどれぐらいなのでしょうか。また、お米1合=1人前という認識でよいのでしょうか。今回は、そんなお米に関する疑問にお答えします!

お米1合は約150g

お米1合の重さは、約150gとされています。胚芽米(はいがまい)や玄米など、お米の種類によって多少差はありますが、一般的には1合=150gと考えてよいでしょう。では、お米を炊いた後の重さはどうなるのでしょうか。また、炊飯器に合数に応じた分量のお水を入れ、すぐに炊飯器のスイッチを押さずにしばらく浸水されるご家庭もあるかと思いますが、浸水後の重さは更にどうなのでしょう。

浸水後の重さ

そもそも、なぜご飯を炊く際に浸水させる必要があるのでしょうか。お米は水に浸けることでデンプンが分解されて糖ができ、この糖によって炊きあがった際にふっくらと炊けるのだそうです。お米を炊く上で必ずしも必要な工程ではありませんが、よりおいしくお米をいただきたいという方は時間に余裕のあれば、ぜひ試してみてくださいね。
そして、肝心の浸水後のお米の重さですが、1時間浸水した後のお米は200g程度にまで増量します。ですが、このグラム数はお米の種類やお部屋の環境、季節などによって異なりますのであくまで目安になります。また、お米をよりふっくらとさせるためのこの浸水ですが、長ければよいというものでもなく、夏場は20分、冬場は1時間~1時間半が適切のようですので、こちらも参考にしてみてください。

炊飯後の重さ

お米を浸水させると150gあったお米は浸水後200gになると話しました。さらに炊きあがげたお米は350g程度に膨れ上がります。ですが、こちらも炊く前や浸水後と同様、お米の種類や保存する環境、季節などによって重さは前後します。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう