意外と知らないお米の正しい保存方法!おすすめの保存容器13選も

普段何気なくおうちに置いてあるお米。みなさんのご自宅では正しく保存ができていると思いますか?今回は知っているようで知らない、お米の正しい保存方法について簡単にご説明。おすすめの保存容器も登場しますので、これを機に今一度見直してみてはいかが?

2018年4月17日 更新

お米はどこで保存するのがいいの?

お米は、常温で保存するのであれば、比較的涼しい場所かつ、温度・湿度が低く日光の当たらないところに置いておくのがベストです。

冷蔵庫で保存する場合は野菜室がおすすめ。常温保存より2倍もおいしさが持続されると言われているので、スペースが確保できるのであれば、冷蔵庫の野菜室に入れておきましょう。

お米の天敵でもある虫は、温度が18℃以上で多湿の条件が揃うと発生してしまいます。18℃以下ではほとんど活動しませんが、死滅するわけではないので、常温保存にしても冷蔵保存にしても、とにかく虫の好まない環境に置いておくことが大事です。

お米の常温保存のポイント

お米を常温で保存する場合は、直射日光が当たる場所は避け、電子レンジや冷蔵庫の近くなど、温度が上がりやすい場所にも置かないようにしましょう。

シンク下に入れる人も多いようですが、こちらは湿気がたまりやすいので、あまり適しているとは言えません。また、水周りに置いておくと、お米に水がかかり、カビが発生する原因になってしまうので注意が必要です。できるだけキッチンの流しから離して保存したほうがよいと言えるでしょう。

お米の冷蔵保存のポイント

購入時にお米が入っていた袋は、目に見えない小さな穴が開いています。そこから空気が入ると、お米が乾燥したり、におい移りの原因になるので、冷蔵庫で保存する場合は、チャック付きのビニール袋や密閉容器、ペットボトルなどに移し替えるようにしましょう。

野菜室がベストですが、入らなければ冷蔵室でも構いません。その際は、冷気の吹き出し口の側はなるべく避け、ドアポケットを利用するとGOODです。

保存期間はどれくらい?

お米は、野菜やお肉、お魚と同じく生鮮食品です。つまり鮮度が命なので、なるべく早めに食べきるのが一番と言えるでしょう。

保存期間の目安としては、冬場は2ヶ月、春秋は1ヶ月、夏場は2週間です。しかしこれを過ぎたからと言って、食べられなくなるわけではありません。ですが、あまり長期間保存してしまうと、お米にツヤや粘りがなくなり、味が落ちてしまうので、毎日おいしいご飯を食べるためには、一定量をこまめに購入するのが一番ということになります。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

pomipomi

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう