手で計る

Photo by 菅智香

通常通りにお米を研いだあと、お米より少し多めの水を入れて平らな場所に置き、お米を平らにならします。次に手首がお米に対して垂直になるようにして、お米の上に手の平をやさしくのせます。指の付け根から2cm程度、手の甲の半分程度が水に浸るまで水を加えて調整しましょう。

指で計る

Photo by 菅智香

通常通りにお米を研いだあと、適量の水を入れ、平らな場所に置いて、お米を平らにならします。次に人差し指の先がお米の表面に軽く触れる程度まで指を入れましょう。人差し指の第1関節を目安に水を加えると調整できますよ。

お米の種類によって水加減は変わる

無洗米の場合

無洗米と白米では炊くときに必要な水の量が異なります。通常は研いでいるときにお米が水を吸うのですが、無洗米はお米を研ぐことなく炊飯ができるため、水を最初に吸うことがありません。そのため、通常の白米炊飯より多めの、1合あたり230ccを目安に、お好みの硬さに炊き上がるよう調整してみてください。

新米の場合

新米は収穫されてから時間があまり経っていないため、水分を多く含んでいます。新米を炊く場合には水の量をやや控えめにしましょう。白米の炊飯より水を少なくして炊くと、おいしく炊き上がりますよ。1合あたり180ccを目安に、好みの硬さに炊き上がるよう調整してみてください。

古米の場合

古米とは収穫されてから時間が経っているお米のことで、新米に比べお米に含まれている水分量がかなり少なくなっています。そのため古米を炊くときは通常より多めに、お米の量に対して水の量を1.3倍から1.4倍にしましょう。古米1合に対し、およそ250cc程度の水で炊くのがおすすめです。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ