玄米・雑穀米・もち米1合のときの水の量

玄米の場合

玄米は種皮に覆われており水を含むまでに時間がかかるため、白米を炊くときよりも多くの水が必要になります。玄米1合に対し300ccを目安に、お好みの硬さになるよう水を加減してみてください。炊く前に6~8時間ほど水に浸してから炊くと、よりおいしく炊くことができますよ。

雑穀米の場合

雑穀米を炊飯する際は、通常炊飯時の水の量にプラスして、入れた雑穀の量に対して2倍程度の重さの水を入れるようしましょう。しかし商品によって雑穀のブレンドされている内容が違うため、最適な水の量は変わってきます。パッケージなどに水の量の記載がある場合は、その通りに入れるようにしましょう。

もち米の場合

もち米は白米よりも少ない水で炊くことができます。もち米1合当たり150ccを目安に、好みの硬さになるよう水を加減するとおいしく炊くことができますよ。炊飯する際、もち米よりも水が少なく感じ、不安になるかもしれませんが、水を多めに入れてしまうと炊き上がりがべちゃっとしてしまいますので、気をつけてくださいね。

炊き込みごはんを作るときの水加減

Photo by macaroni

炊き込みご飯を作る際は、お米を研いだあと、水を入れる前に醤油やだし汁など水気のある調味料を加えるようにし、あとから水を入れて水分量を調整しましょう。具材は最後に入れます。こんにゃくなどの水分が多い具材を使う場合は、炊飯時に水分が出てくるので、水を少なめに調整してから炊くようにしましょう。

また、甘味をつける際は砂糖をを入れるとお米がやわらかくなってしまうため、みりんを使うのがおすすめです。

ごはんをおいしく炊くコツ

Photo by いとう まさと

この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ