新常識が次々登場!玄米の正しい炊き方、食べ方って??

昔から、精米したお米より玄米の方が栄養が豊富で健康!と言われ続けてきましたが、近年研究が進んで新たな常識が出てきました。玄米の正しい取り入れ方、そしていま注目されている「酵素玄米ごはん」まで調べてみました。

2018年2月5日 更新

玄米は、栄養価の高い食品

マクロビオティックをやっていない人でも、玄米が健康に良いということは聞いたことがあると思います。未精製の食品は、素材本来の味と栄養を持ち合わせ、精製された食品と比較し美容や健康に気遣う人におすすめです。

玄米はデトックス作用が強い。そのワケは…

玄米を包む皮はセルロースと言われる食物繊維で出来ています。食物繊維が便秘対策に良いのは、みなさんもご存知ですよね。そして、穀類・種子類にはフィチンという物質が含まれています。

フィチンは体内に入るとフィチン酸という物質に変わります。フィチン酸は強力なキレート作用(ミネラルと結びつく力)があり、有害ミネラルを吸着し排泄させていく力があります。
玄米は栄養面で見てもパーフェクトな食べ物だと言われています。ミネラル、ビタミンなどをバランスよく含み、病気の治癒を目的とした玄米食を続けている方もいるほど。

こうしてみるといいことづくめですが、実は気をつけておきたいことがあるのです。

玄米食に潜む問題とは…

種子を守る本能が、身体に影響を与えてしまう

玄米とは、お米の一種です。植物には種を、乾燥や塩・水害・動物に食べられるなどといったことから守るために、固い殻の周辺に「アブシジン酸」という植物由来ホルモンを出しています。

アブシジン酸は細胞のエネルギー発生源であるミトコンドリアの動きを鈍くさせ、毎日食べ続けることでエネルギー代謝が鈍ってしまうと言われています。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

yuyuknight

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう