ローディング中

Loading...

秋に食べられる新米。ご飯好きな方はこの季節を心待ちにされている方もいるでしょう。今回は新米がよりおいしく食べられる研ぎ方、炊き方、水加減、盛り付け方までご紹介。1年のうちでわずかな時期しか出回らない新米を思う存分たのしんでみませんか?

お米はやっぱり新米!

日本の食卓に欠かせないご飯。パンやパスタなどの消費が増え、お米離れといわれ随分経ちますが、やはり毎日の食事にご飯は欠かせない!という方もまだまだ多いでしょう。日本にはおいしいお米がたくさんあり、全国の高級ブランド米の人気も絶えませんよね。

なかでも秋に食べられる新米は、お米好きな人にとって一年のうちで最も楽しみな時期ではないでしょうか。今回は、新米の研ぎ方や炊き方をご紹介。水分量が多く、甘みのあるお米の特徴を損なわないとっておきのコツを抑えれば、もっとおいしい新米が食べられますよ。ぜひ秋の味覚と一緒にたのしんでみてくださいね。

新米ってどんなお米?

新米はおいしいという話はよく聞きますが、どんなお米のことを新米と呼ぶかご存知でしょうか?日本農林規格において新米とは、収穫した年の年末までに精米、包装されたものとされています。稲作は日本全国でされていますから、産地や銘柄によって新米をたのしめる時期が変わります。桜前線のように新米前線も南から北に移っていくんですよ。

収穫時期

沖縄:7月初旬

九州:8月初旬

関東:8月下旬

東北、以北:9月下旬〜10月上旬

新米の特徴

しばらく保管されたお米と新米では、やはりその味や特徴も違います。炊いた新米の粒は表面にツヤがあり、水分量が多いためふっくらと柔らかく強い粘り気があります。噛むほどに口の中には甘みが広がり、古米よりもあたたかみのある、豊かでまろやかな香りがたまりません。

新米が驚くほどおいしくなる研ぎ方

いつも通りに炊飯してもおいしい新米ですが、研ぎ方を工夫するだけで格段においしさは増します。新米の研ぎ方はやさしくが基本。ゴシゴシとお米を洗うとお米が割れてしまい、炊き上がりのつやも損なわれてしまうので注意しましょう。

お米を研ぐ

収穫したての頃の新米(9〜10月)は、流水で3〜4回洗い流して一度すすいで終了。11〜4月頃の遅い時期に出回る新米は、手指をたてて力を入れず円を描くように研ぎます。水を3〜4回入れ替えながら研いだら、2回ほどすすぎます。
お米の表面の汚れを軽く落とすように水洗いし、濁った水の中に含まれるぬかの臭みが新米に浸透しないよう、最初のにごった水は手早く捨てましょう。乾いたお米が水に触れると一気に水を吸いますので、最初にお米を洗う際にはミネラルウォーターを使用するのがおすすめです。2回目以降は水道水を使って洗っても大丈夫です。

浸水

すすぎが終了したら、お米を水にしばらく浸します。炊飯する前に水を吸わせることで、よりおいしく炊けます。 このときにもミネラルウォーターや浄水器の水など、きれいな水を使用してください。

浸水時間は、夏場は40分以上、冬場は1時間以上。急いで炊きたい場合には50度くらいのお湯に10分浸して炊いてもおいしくできます。

新米をおいしく食べられる炊き方

浸水した水を捨ててお米をザルにあげます。余分な水分が残っていると正確な水加減で炊飯ができませんので、ザルにあげたお米の水分はよく切りましょう。お米は乾燥するとひび割れがしやすいので、水切りができたらすばやく炊飯に移ります。

水の量

たっぷりと水分を吸収させた新米は、指定の水量よりもやや少なめの水加減で炊くことをおすすめしますが、水切りをしっかりしていれば、お持ちの炊飯器の指定の水量で十分おいしく炊けます。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

オムライス 東京 まとめ

お母さんが作ってくれたいつもの懐かしい味や、学生時代に食べた思い出の味など、甘酸っぱいオムライスにノスタルジーを感じる人も多いでしょうね。今回は東京でオムライスのおいしい有名店や人気店、おすすめのお店など13…

レシピ

人気の副菜切り干し大根は煮物の印象が強いですよね。でも、サラダ感覚で食べられる酢の物も実はおすすめです。わかめやきゅうりを使った定番のものからアレンジサラダまで、切り干し大根の酢の物レシピをご紹介します。常備…

近年では資格までが登場している焼酎。様々な焼酎を晩酌に飲んでいる方もいるでしょう。ところで焼酎には消費期限や賞味期限があるのでしょうか?焼酎の賞味期限や詳しい扱い方についてご紹介します。焼酎好きな方必見です。

ほうれん草 まとめ

「ほうれん草」を長持ちさせたいのなら、冷凍保存すればグンと日持ちすることをご存じですか?冷蔵庫で放置するとすぐにヘタッてしまい、鮮度はガタ落ち…。今回は、ほうれん草の冷凍保存や冷凍ほうれん草の活用レシピなどま…

和食

味噌の賞味期限ってご存じですか?お店に並んでいる味噌は、基本的に常温で売られていますが、自宅で保存する場合、どの方法がベストなのでしょうか。そもそも賞味期限が切れても食べられる?味噌の賞味期限と保存方法につい…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ 豆腐 グラタン まとめ

夕食はきちんと摂りたいけれど、夜遅い時はカロリーが気になりますよね。女性に人気のアノ食材が簡単ヘルシーで食べ応えあるメニューに変身するんです!それは『豆腐グラタン』♡ 冷蔵庫の残り物も一緒に使えば一石二鳥◎ …

レシピ まとめ

余るとメニューに困ってしまうこともあるひき肉。今日は鶏、豚、牛問わずおかずにぴったりな人気レシピをご紹介します!今夜のおかずに困っている人は必見ですよ!ひき肉でお料理のレパートリーを増やしてみてはいかがでしょ…

レシピ まとめ アレンジレシピ

つくりすぎちゃったら温め直して次の日も・・でもあんまり美味しくないんだよね〜。困りますよね、そういうとき。でも捨てずに、かつ美味しく最後までいただく方法もあるんですよ♪そんなアレンジレシピ、たくさん見つけたの…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ

緑茶は和食や和菓子にしか合わないと思っていませんか?濃厚なうまみの「キリン 生茶」なら、日本の料理だけでなく世界のさまざまな料理ともぴったり合うんです!今回は、生茶とチーズ料理のマリアージュをご紹介します♩

kamomm

定番よりも、つい珍しいものを選んでしまうのは ひねくれ者でしょうか...

ページTOPに戻る