「木の葉丼」って知ってる?由来からレシピまで一挙公開!

関西ではメジャーな「木の葉丼」。かまぼこなどを卵でとじた丼のことをいいます。基本はお肉を使わないので、節約メニューとしてもおすすめですよ。今回は「木の葉丼」の由来やほかの丼との違い、基本レシピもまとめてみました!ぜひ参考にしてみてください♪

2017年4月12日 更新

ライター : ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅広く書いていこうと思います。日本酒が好きで飲み歩きも多いこの頃。旅行先のカフェに行くのも好きです。どうぞ宜…もっとみる

関西地方の節約ご飯「木の葉丼」とは

「木の葉丼」とは、卵丼にかまぼこやさつま揚げなどの具が入っている丼のことです。使われている具材もシンプルで、卵とかまぼこ、もしくはさつま揚げ、いろどり用の三つ葉やネギと約3種類で完成。味付けは、卵丼とほぼ同じで、おだしにお醤油、みりんなど好みで少し甘みをプラスして仕上げられています。

関西地方の大衆食堂定番メニュー

親子丼の鶏肉がかまぼこorさつま揚げにチェンジ。お値段も安めのものが多いので、木の葉丼は関西の大衆食堂などで人気のメニューとなっています。うどんとの相性がいいので、関西のおうどん屋さんのメニューにも木の葉丼の名前が。 調理が簡単で、使う材料もリーズナブルなこともあり、家庭料理としてもよく食べられています。庶民的な材料で仕上がり、お給料日前の節約メニューとしても大活躍です。

「木の葉丼」の由来は?

かまぼこや三つ葉など、卵以外の具材を木の葉に見立てたことが名前の由来とされる、木の葉丼。石川県にも同じような丼が存在しています。 その名も「玉子丼」。卵以外の具材にスポットを当てている関西とは違い、卵を中心としたネーミングになっているのが石川県の玉子丼です。内容などに変わりはなく、単に呼び方の違い。呼び方にも地方それぞれの特色があって、県民性が垣間見えるのがおもしろいですね。

ほかの丼との違いは?

「木の葉丼」と似ている丼として、「衣笠丼(きぬがさどん)」、「若竹丼」、「ハイカラ丼」があります。「衣笠丼」は甘辛く炊いた油揚げと青ねぎ、「若竹丼」はたけのことわかめ、「ハイカラ丼」は、天かすや具なしかき揚げを、それぞれ卵でとじた丼です。

木の葉丼の基本レシピ

木の葉丼の基本レシピです。切ったかまぼこやしいたけなどの具材と、だしなど調味料を煮ます。沸騰したら玉ねぎを入れ、火が通ったら溶き卵少し入れねぎを入れます。あとは残りの溶き卵でとじれば完成!

木の葉丼の人気アレンジレシピ3選

1. めんつゆで味付け簡単!木の葉丼

こちらはめんつゆを使った簡単な木の葉丼のレシピです。かまぼこと玉ねぎをめんつゆに入れて煮込み、溶き卵を入れます。こちらはかいわれを最後に散らしているので、溶き卵を分けて入れる必要もなく作りやすいですよ♪

特集

FEATURE CONTENTS