節約メニューとしても!関西ではメジャーな「木の葉丼」とは?

関西地方以外の方にはなじみの薄い「木の葉丼」。一方関西では、家庭以外でもおうどん屋さんなどで食べる機会のある、メジャーな丼メニューです。最近では、全国チェーン店の「なか卯」でも提供され話題に。 節約メニューにもなる木の葉丼の魅力に迫ります。

「木の葉丼」の全貌に迫る

関西地方の節約ご飯「木の葉丼」とは

木の葉丼と聞いて、正しい木の葉丼のイメージが頭に浮かぶ方は、どれくらいいるでしょうか?いろいろとアレンジが加わる場合もありますが、基本の形は卵丼にかまぼこやさつま揚げなどの具が入っている丼のことを「木の葉丼」と呼びます。使われている具材もシンプルで、卵とかまぼこorさつま揚げ、いろどり用の三つ葉やネギと約3種類で完成。味付けは、卵丼とほぼ同じで、おだしにお醤油、みりんなど好みで少し甘みをプラスして仕上げられています。

関西地方の大衆食堂定番メニュー

親子丼の鶏肉がかまぼこorさつま揚げにチェンジ。お値段も安めのものが多いので、木の葉丼は関西の大衆食堂などで人気のメニューとなっています。うどんとの相性がいいので、関西のおうどん屋さんのメニューにも木の葉丼の名前が。

調理が簡単で、使う材料もリーズナブルなこともあり、家庭料理としてもよく食べられています。庶民的な材料で仕上がり、お給料日前の節約メニューとしても大活躍です。

木の葉丼という名前は何から由来したのか

かまぼこや三つ葉など、卵以外の具材を木の葉に見立てたことが名前の由来とされる、木の葉丼。石川県にも同じような丼が存在しています。

その名も「玉子丼」。卵以外の具材にスポットを当てている関西とは違い、卵を中心としたネーミングになっているのが石川県の玉子丼です。内容などに変わりはなく、単に呼び方の違い。呼び方にも地方それぞれの特色があって、県民性が垣間見えるのがおもしろいですね。

木の葉丼と衣笠丼の違い 

木の葉丼の話題が上がると、必ずと言っていいほど一緒に名前が出てくるのが、衣笠丼(きぬがさどん)。

かまぼこやさつま揚げを卵でとじたものを木の葉丼と呼ぶのに対して、衣笠丼は油揚げを卵とじにしています。見た目はとてもよく似ているのですが、具材は少し異なるので気を付けましょう。

木の葉丼の作り方

材料

基本の材料は以下のとおり。

・かまぼこorさつま揚げ
・卵
・三つ葉orねぎ
・お水
・しょうゆ
・みりん
・お砂糖
・お酒
・だしの素

もう少し具材にボリュームを出したいときは、玉ねぎやしいたけをプラスするとよいでしょう。食感もよくなります。フチがピンク色のかまぼこを使うと、全体のいろどりもきれいになるので、好みに合わせて使い分けてくださいね。

作り方

上記の材料をすべてそろえた場合の作り方をご紹介します。

1. かまぼこ、たまねぎ、しいたけは細く切り、ネギと三つ葉は3センチほどの長さにカットします。かまぼこは細切りでも、板から外してそのまま薄切りでも、お好みで使い分けてください。

2.お鍋に調味料すべてと、かまぼこ、たまねぎ、しいたけを入れて火にかけます。そのままグツグツさせて、たまねぎがしんなりしたら火を止めます。

3. 丼用のお鍋があればそれを使用、なければ別の小鍋で1人分ずつ卵でとじます。卵がトロトロのうちに火を止めます。

4. そのまま丼に持ったアツアツごはんの上に盛りつけ。ポイントは、卵を鍋の中で固まらせないようにすることです。

5. 仕上げにネギと三つ葉を散らします。見た目にも美しい木の葉丼のできあがり。

木の葉丼のおすすめアレンジレシピ

親子丼と木の葉丼のコラボレーション

基本の木の葉丼と同じものに、鶏肉、平天、薄揚げをプラスした贅沢なひと皿。玉ねぎをあらめにスライスし、かまぼこ、平天、薄揚げは薄切りにします。鍋に水・濃口醤油・砂糖・みりんを沸騰させて、鶏肉を投入。次にたまねぎを入れて、たまねぎがしんなりするまで約10分ほど煮たてます。

別の小鍋に、煮たてたものをを1人分取り、細切りにしたかまぼこと平天、薄揚げを入れて再加熱。煮立ったら、溶き卵を入れて青ネギを散らし、少しふたをして卵が半熟になったら完成です。

簡単!ちくわ丼

特集

SPECIAL CONTENTS