濃厚トロピカル♩今すぐ作りたいマンゴープリンの人気レシピ15選

濃厚だけど、爽やかな酸味がおいしいマンゴープリン。お家で作れたらうれしいですよね。今回は本格的なものから簡単にできるものまで、人気のマンゴープリンのレシピ15選を集めました。手軽さやお好みに合わせて作ってみてください。

2019年3月12日 更新

マンゴープリンのレシピ紹介

濃厚な甘みとプルンとした口当たりがおいしいマンゴープリン。ひと口食べるとマンゴーの香りが口いっぱいに広がって、何とも幸せな気分になりますよね。そんなとろける甘さが魅力のマンゴープリンをお家で作ってみませんか?

今回は、のマンゴーを使ったものだけでなく、市販のピューレ、缶詰、ジュース、冷凍マンゴーを使ったレシピをご紹介します。フレッシュマンゴーが手に入らない時期でも、あきらめずに作ってみて。本格的なおいしさが簡単に楽しめますよ。

おいしいマンゴーの選び方と切り方

おいしいマンゴーの選び方は、フィリピンマンゴーやタイマンゴーの場合は黄色が鮮やかなものを、アップルマンゴーの場合は全体的に赤くなっているものが熟していて食べごろです。触った時にハリのある選びましょう。ところどころ茶色くなっていたり、皮にたるみがあってしわのあるものは、鮮度が落ちています。

マンゴーには真ん中に大きな種があって繊維質が多いので、種にそって3枚(外側・種の部分・外側)に切り分けます。それから皮を剥いてさいの目に切り、種の部分はそぎ落としていく感じで実を取ります。

本格派!濃厚マンゴープリンのレシピ3選

1.本格濃厚マンゴープリン

エバミルクの甘さを生かした濃厚なマンゴープリンです。エバミルク(コンデンスミルク)とは牛乳に砂糖を加え、煮詰めて濃くしたもので、加糖練乳のこと。

耐熱ボウルに水を入れレンジにかけて温め、水でふやかしたゼラチンを入れて余熱で溶かします。そこへココナッツミルクとエバミルクを加え氷水に当ててとろみをつけ、粗く潰したマンゴーの果肉を加え、型に入れて冷蔵庫で固めます。マンゴーの果肉に水を入れてソースを作り、お皿に盛り付けてソースをかけ、マンゴーやミントの葉を添えてできあがり。お好みでマンゴーの量を増やしたり、ソースに甘さが足らない場合ははちみつを加えてみて。

2.たっぷりマンゴープリン

角切りとペーストにしたマンゴーと生クリームが入っているので、濃厚な味に仕上がっています。ボウルに卵黄、グラニュー糖を入れ、泡立て器でよく混ぜ合わせ、温めた牛乳を混ぜたら鍋に戻し、マンゴーペーストを加え、弱火で混ぜながらとろみがつくまで温めます。

水でふやかしたゼラチンを加えて溶かして濾し、残りの牛乳を加え、氷水に当てながら冷ましたら、生クリームとバニラエッセンスを加えて混ぜ、器に流し入れて冷蔵庫で固めます。ホイップクリームを上に流し、ミントの葉を添えてできあがり。

3.ココナッツミルクでマンゴープリン

ココナッツミルクが加わったマンゴープリンは、トロピカルなおいしさです。鍋にココナッツミルク、牛乳、グラニュー糖を入れて温め、ミキサーでピューレにしたマンゴーを加えて混ぜ、水でふやかしたゼラチンを溶かし、濾して氷水にあてながら冷まします。冷めたら生クリームとマンゴーリキュールを加えて混ぜ、器に流し入れて冷蔵庫で冷やし固め、クコの実を飾ってできあがり。

マンゴーピューレで作るプリンレシピ3選

1.濃厚マンゴープリン

鍋に生クリーム、牛乳、グラニュー糖を入れて火にかけ、 グラニュー糖が溶けたら鍋を火からおろし、ゼラチンを加えて溶かします。マンゴーピューレを混ぜ合わせて型に流し、冷蔵庫で冷やし固めたら完成。基本のレシピです。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

Raico

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう