これで罪悪感なし!太りにくい夜食のおすすめ簡単レシピ10選

こんな時間にお腹が減った……。そんなあなたにピッタリな簡単に作れておすすめな夜食レシピとコンビニでも買えるヘルシーフードをご紹介します。夜食はダイエットの大敵と思いきや、食べ方さえ工夫すれば頑張るあなたの味方になってくれる

2017年3月8日 更新

太りにくい夜食、教えます♩

冬は食欲が増す季節。夜中にテレビを観ていてグーっとお腹が鳴ると、いまから作るには……と一瞬考えますが、「でも何か食べたい!」という気になりますよね。とくに、受験生に「何か食べるものない?」と言われると、何か作ってあげなければ!と気合いも入るもの。簡単に作れるおにぎりだけでもいいけれど、たまには出したときに「おっ!」と言われるようなアレンジの効いた夜食を作ってあげたいですよね?

もちろん、太りにくくてヘルシーなものをピックアップしてますので、カロリーが気になる人にももってこいの夜食ですよ。

太りにくい夜食とは?

消化が早いもの、温かいものはOK

太らない夜食とは、ズバリ、消化が早いもの温かいものです。まず、どうして夜食は太りやすいのかというと、ホルモンの関係でとった分の食事はエネルギーになるより脂肪になりやすいからです。そのため、消化が早いものを選べば、胃腸に負担をかけずにすみます。

カロリーはできるだけ300kcal以下に抑えたほうがいいでしょう。また、汁物で満腹感を出せばその分カロリーを抑えることができます。汁物の具でおすすめなのは、豆腐、大根、かぶ、キャベツ、人参、じゃがいもなど。そのほか、おでんも低カロリーなので安心できる夜食の候補ですよ。
また、脂肪に変わる果糖が含まれるフルーツは、夜に食べないほうがいいという説もありますが、種類を選べば大丈夫。特に、下記3つのフルーツがおすすめです。

バナナ……カリウムとペクチンが体内の余計なものを燃やしてくれる。
りんご……低カロリーだが食べ応えがあり、満腹感が得られる。脂肪を溜め込まないように作用する。
キウイ……腸内環境を整えてくれる酵素が多く、夜食べると翌朝の腸の動きが活発になる。

油分が多いもの、香辛料を含むものは避ける

避けたいものは、言わずもがな、ファストフード類、インスタントラーメン、スナック類、ナッツ類、アイスクリーム、チーズなど油分が多いものです。さらに、香辛料が効いているものは胃腸に負担をかけてしまうため避けたほうがいいでしょう。食物繊維が多いものも消化に時間がかかるので、夜食には向いていません。

コンビニで買える夜食もある!

思い立ったときにサッと取り出せる夜食はいつでもストックしておきたいものですよね。帰宅が遅くなってもコンビニで買えるおすすめの夜食を紹介します。

手軽さがウリのサラダチキン

2016年注目を浴びた「サラダチキン」。野菜と合わせればメインにもなるとして話題になりました。味もバジルやマイルドカレー、スモークなど種類も豊富。ほぐれているものを買っておくと包丁を使わずに調理できるので重宝します。高たんぱくで低カロリーですから夜食にとってもおすすめです。

迷ったらコレ!味付き卵

お腹はすいているけどちょっとだけでいい…なんていうときはこちら。味がついているのでしっかりご飯を食べた気分になります。1個で65kcal程度なのも嬉しいですね。ひとつで足りないとおかわりをしても130kcalは罪悪感ゼロの夜食です。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

mikki_no

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう