シャキシャキ食感で食べ応え抜群!セロリの簡単サラダレシピ20選

セロリは切り方によって、サラダのバリエーションがぐっと広がります。今回動画で下処理の方法から人気レシピまでご紹介!根元から葉まで余すとこなく使える万能野菜。香りが強いからこそ楽しめるレシピを豊富に揃えましたよ。ぜひ作ってみてください。

栄養たっぷりのセロリ

セロリは香りが強く、その独特な風味から好き・嫌いが分かれてしまう食材ですよね。子供たちにはあまり人気のないセロリですが、その香り成分にはストレス発散が期待できる効果もあるそうです。さらに、ビタミンも豊富で健康効果が高いセロリをご紹介します。

セロリの主な健康効果

美肌効果

セロリに含まれるビタミンCは美肌効果が期待できます。また、ビタミンEも含まれていますので、アンチエイジングを目指す女性は積極的に食べたいですね。

便秘解消

セロリはしゃきしゃきとした食感がありますし、表面の筋の多さからも食物繊維が豊富なことがわかりますよね。セロリに含まれるのは、不溶性の食物繊維です。これは、便のかさを増やす効果があるので便通がよくなり、結果的に腸内環境を整えます。

血流をよくする

セロリのビタミンEは血液サラサラ効果があります。また、血液を作り出す効果のあるビタミンB群、葉酸も含まれています。血流をよくするだけではなく、セロリに豊富なビタミンKは、止血効果、血管増強、骨を丈夫にする効果も期待できます。

ストレス緩和・リラックス効果

セロリの香り成分のアピイン、セネリンにはイライラや不安などを取り除き、精神を落ち着かせる効果があります。また、セロリには合計40種類以上の香り成分が含まれますが、香りには脳に作用するものが多く、精神症状を楽にしてくれます。

アピイン、セネリン以外にもセロリに含まれるアビオイルは、神経性の胃痛やむかつきを抑え、食欲増進することが知られています。

セロリは下ごしらえが大事

セロリは残留農薬が多い野菜です。一般的に香りの強い植物や野菜には害虫が少ないといわれますので、意外と思う方もいらっしゃると思いますが、セロリは栽培期間が長く、害虫に弱いため農薬が多く使われます。

また、葉と茎の部分を比較すると葉のほうにより多い農薬が残っていることが知られています。

セロリの下処理

1.セロリの葉を節のところで折ります。茎、葉とも流水で1~2分しっかりと洗います。

2.ボウルに水500~600ccに酢大さじ1の酢水を作り5分ぐらいさらした後、さらに水洗いをします。

葉の部分を食べる場合はさっとゆでた後にしっかりと水で振り洗いをします。

セロリの筋の取り方

セロリは先端(葉がついていた方)の筋を包丁で持ち上げ、根元に向かって引っ張るようにすると上手にとることができます。全体の筋をこの方法で取り除いたら、根元を水につけておきます。

筋は、ピーラーでも取ることができます。ピーラーを使う場合も先から根元に向けてピーラーを動かして取ります。

セロリの切り方いろいろ

セロリは切り方によって食感が変わってきます。切り方と食感についてご紹介します。

スティック状……お好みの長さに切ったら、縦は太さに合わせて、2等分から4等分に切ります。素材の味をしっかり感じつつ歯ごたえがよい食感になります。スティック野菜として召し上がるときなどにおすすめです。

輪切り……茎の部分を薄く切ります。お料理に合わせて切る厚さを変えます。筋に直角に包丁が入りますので、薄切りの時は筋は取らなくても大丈夫です。スティックのときよりも食べやすくなります。炒め物やスープの具材にするときには輪切りがおすすめです。

特集

SPECIAL CONTENTS