スープやサラダに活用!セロリの葉を使った人気レシピ20選

セロリの葉を使ったレシピをご紹介します。セロリは茎の部分しか食べず、葉は捨ててしまう……という人がいるかもしれませんが、葉にも栄養が豊富!しかも簡単においしくサラダやスープなどが作れてサイドメニューが充実しますよ。ぜひ参考にしてください。

セロリの葉っぱを食卓に取り入れよう

独特のさわやかな香りと、シャキッとした特有の歯ごたえが人気のセロリ。一般的には11月から4月が旬の季節とされていますが、現代では品種改良や農業技術の向上もあって、一年を通して食べられるようになりました。生のままで食べても、加熱してもおいしく食べられ、また肉や魚の臭み消しとしても使えるので、常備しておくと大変便利なお野菜のひとつです。

ただ、セロリを思い浮かべた時、ほとんどの人が筋の入った茎の部分を思い浮かべますよね。料理にはこの茎の部分だけを使い、残った葉っぱの部分は使わずに捨ててしまうという人も少なくないのではないでしょうか。

じつは、セロリの葉っぱにも、人間にとって大切な栄養がきゅっと詰まっているんです。今回は、捨ててしまう人も多いセロリの葉っぱにフォーカス。その秘められた栄養成分を解説します。また、どうしても活用が難しい……そう感じてしまう人のために、セロリの葉っぱをおいしく活用するためのレシピもご一緒に紹介します!

セロリの葉に含まれる栄養

βカロテン(ベータカロテン)

セロリの葉っぱの栄養として特に代表的なものが、ビタミンの一種であるβカロテンです。βカロテンは体の中でビタミンAになる成分で強い抗酸化作用があります。抗酸化作用とは、活性酸素の生成を抑える作用のこと。この活性酸素は、細胞の老化の原因のひとつともいわれているのです。つまり、βカロテンを含む食品を摂ることで、美しい肌や髪を保ち、老化を防ぐアンチエイジング効果が期待できます。

ピラジン

もうひとつ、セロリの葉には香り成分のピラジンが茎の部分よりも豊富に含まれています。このピラジンは血液に血栓ができるのを抑えてくれ、血液をサラサラにする効果が。脳梗塞や心筋梗塞の予防にも効果的だといわれているのです。また、なんとこのピラジンにはリラックス効果もあるという研究結果も。体だけでなく心の栄養にもなるセロリの葉っぱ、捨ててしまうのは本当にもったいないですよね。

セロリの葉を使ったレシピ20選

1. セロリの葉でガパオ風ライス

セロリの葉をバジルの代替品として利用したレシピです。鶏ひき肉やパプリカ、セロリの茎と葉をきざんで、ナンプラーやオイスターソースなどの調味料で炒めて完成。ガパオライスはタイ料理の一種で、食べやすく日本人にもなじみ深いメニューのひとつですよね。きざんでいれたセロリの香りでオリエンタルな食卓が実現しますよ。

2. セロリの葉入りホットサンド

こんがり焼いたパンにたっぷりの具材を挟んだホットサンド。こちらのレシピでは、セロリの葉のほかに炒り卵・ベーコンを使っていますがしていますが、お好きな具材で作ってみてくださいね。

3. じゃことセロリの葉の佃煮

セロリの葉とじゃこをしっかりと炒めあわせた、香り豊かな佃煮です。フライパンで煮汁が無くなるまで炒めるだけなので簡単に作れますよ。ごはんのおともや調味料として炒め物に使ったり、魚の味付けにつかうのもおすすめです。これからの季節なら、ほんの少しみょうがを加えてみてもよいかもしれませんね。

4. セロリの葉とアボカドの柚子胡椒サラダ

大きめに刻んだセロリの葉とアボカドを和えるだけで立派なサラダに変身!ドレッシングに柚子胡椒を混ぜ込むことで、いつもと違ったおしゃれサラダに仕上がりますよ。お酒のおつまみにも。

5. セロリの葉とお豆腐のエスニックスープ

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ohg

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう