連載

セロリ嫌いにもすすめたい!繊細なおいしさ「ホワイトセロリ」

セロリといっても、見た目が三つ葉のような野菜「ホワイトセロリ」。茎の繊維が非常にやわらかく、サラダとして生食でおすすめしたい野菜です。編集部内でも絶賛の野菜!シャキシャキとした歯ごたえ、香りを楽しんで。今回はホワイトセロリの魅力に迫ります。

まるで三つ葉のような「ホワイトセロリ」

ホワイトセロリに手を添えている画像

Photo by macaroni

セロリといったら、茎が太く葉もしっかりした、あの強い香りの野菜を想像しますよね?しかしホワイトセロリは、見た目が全く異なります。写真でもお分かりの通り、まるで三つ葉のようなビジュアルです。細くて真っ白な茎、手で簡単にちぎれてしまう、とても柔らかい葉が付いています。

今回は、ホワイトセロリについて、セロリとの違い、調理の仕方、おすすめの食べ方などをご紹介します。

ホワイトセロリとは

カッティングボードにのったホワイトセロリに写真

Photo by macaroni

ホワイトセロリは、タキイ種苗が開発した「セルリー・ミニホワイト」という品種で、1992年に品種登録された野菜です。茎が細く、真っ白で、やわらかい緑の葉から見た目が、三つ葉と大変よく似ています。

セロリについて少しご紹介すると、原産地は南ヨーロッパ・中近東の広域で涼しい高地湿原で栽培されていた野菜。古代ローマ、ギリシアでは、整腸剤、強壮剤、香料、邪気よけなどに利用されていたそう。その後、食用として栽培が始まったのは、17世紀に入ってからです。

日本には、豊臣秀吉の朝鮮出兵の時、将軍の加藤清正が持ち帰ったと言われています。それにちなんで、和名が「清正人参」(キヨマサニンジン)と名付けられました。その後、オランダ船より持ち込まれましたが、独特の香りのため普及はしなかったものの、明治時代以降、食生活が変化し、洋食文化が普及した頃に食用として日本でも栽培がスタートしました。

セロリとの違い

独特の苦味と香りのあるセロリは、その特徴を活かして居酒屋やレストランでも使用されています。居酒屋では、お酒と揚げ物などに合わせるサイドメニューとしてセロリ漬けや野菜スティックなどがあり、しっかりした歯ごたえ・食感と香りを楽しむ野菜です。洋食レストランでは、香味野菜として玉ねぎやにんじんなどとじっくり炒めれば、美味しいスープの出汁になります。ただし、筋取りの下処理が必要で、ガツンとくる強い香りに抵抗のある人もいるのではないでしょうか。

一方、ホワイトセロリの特徴は、何といっても筋取りなどの下処理が不要な点。さっと流水で洗って、カットするだけで、簡単にサラダとして食べることができます。

またセロリよりは優しい香り。最近ではパクチーなど香りの強い野菜が女性を中心に人気です。ホワイトセロリも独特の香りと心地よい苦味はきっとクセになるはず。今後、流通がもっと盛んになれば広く普及するのではないか、と個人的に非常にポテンシャルを感じる野菜です。

栽培方法

ホワイトセロリは水耕栽培で作られる野菜です。水耕栽培は、水に養分を溶かした培養液だけで育てます。温室などの施設の中で、温度や湿度などを調整し、太陽の光をいっぱいあてて成長を促します。土耕栽培に比べ生育が30〜50%も早いようで、種まきから収穫まで非常に早く収穫できる野菜です。

美容にもおすすめの野菜

一般的なセロリよりも2倍多くビタミンCを含んでいます。ビタミンCは、抗酸化力が強く、活性酸素から細胞を守り肌の老化を防いでくれます。またシミやそばかす予防にも効果的で、まさに美容には欠かせない栄養素。体内で作り出すことが出来ず、食べ物から摂取する必要があります。また飲酒、喫煙、日常生活などのストレスでも消費が早く、常にたっぷり摂るべき栄養素です。

その他にもカリウム・鉄・カルシウムなども多く含まれる優秀な野菜です。

爽やかな香りとみずみずしい味わい

ホワイトセロリの葉

Photo by macaroni

袋を開けた瞬間から、セロリ独特の爽やかな香りが漂います。 葉や茎は非常に柔らかく、シャキシャキした食感でとてもみずみずしい味わいです。

一般的なセロリと比べて香りが優しく繊維が柔らかいため、とても食べやすい野菜です。

おすすめの食べ方は生食!

ボウルに入ったホワイトセロリ

Photo by macaroni

シャキシャキ感と爽やかな香りを味わって

生のままサラダで食べるのがおすすめです。茎のシャキシャキ感、葉は柔らかく非常に食べやすい野菜。編集部でも「そのまま食べてもすごくおいしい!」とその味に大絶賛!瞬く間に、お皿が空になってしまいました。お好みで、マヨネーズやさっぱり系のレモンドレッシングなどをかけてもとってもよく合います。さらに生ハムなどに巻いて食べると、ワインによく合うお洒落な前菜になります。

エスニックな香りがアジア料理を連想させ、サラダにはもちろん、パクチーのように香草としてスープの香りづけ、炒め物のトッピングにもおすすめです。少し加えれば、彩りはもちろん、香りもプラスされ一気にエスニック料理に様変わり!味のアクセントになりますよ。

火を通す場合

炒める場合は火が通りやすいので、さっと短時間で火を通し、炒めすぎないことがポイントです。他の食材と炒める時は、火を消してから最後に加え、軽く混ぜあわせるくらいがちょうど良いでしょう。

ご家庭で常備する野菜の一つにいかが?

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

大河内美弥

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう