ライター : 稲吉永恵

ローフードマイスター・野菜ソムリエ・オーガニックコンシェルジュ

野菜や果物の持ち味を生かす食べ方を提案する野菜ソムリエ。美容師・ローフード認定校講師として働きながら、パンと焼き菓子を製造販売しています。不調や不安をやわらげる、心と体にや…もっとみる

セロリは冷凍して上手に活用しよう!

葉から茎まですべてを楽しめる無駄のないセロリ。生で食べても火を通してもいいので、ぜひ有効活用したいですよね。ただ、セロリはすぐに水分が蒸発してシナっとなりやすいのが特徴。

セロリは冷蔵保存である程度はおいしさを保てますが、シャキシャキとしたみずみずしい食感を長く味わうには、冷凍保存がおすすめです。どのように保存すればベストか、また冷凍セロリの使い道などを詳しく見ていきましょう。

新鮮なセロリの選び方

新鮮なセロリの選び方のポイントは3つ。ひとつめは、葉はシャキッとしていて茎に張りがあるものを選ぶこと。茎の筋がはっきりとして、でこぼこしているものがおすすめです。筋は、白っぽいものを選びましょう。

ふたつめは、切り口がみずみずしいものを選ぶこと。切り口に穴があいたセロリは避けましょう。最後のポイントは特に注意すべき点で、白色や褐色に変色しているものを選ばないことです。切り口に白い斑点がでているものは、水分が失われ品質が落ちているので避けましょう。

冷蔵保存の方法は?

セロリは冷蔵庫での保存が可能ですが、冷凍と比べると傷むのが早いため、賞味期間が短いです。冷蔵保存する場合、葉と茎を分けて保存します。葉は特に傷みやすいので、すぐに食べるか捨てるかするとよいでしょう。

茎を細かく切らずにそのままの状態で保存したい場合は、茎と葉を分け、乾燥を防ぐために根元部分をしめらせたキッチンペーパーで包み、ラップか新聞紙で全体を包みます。新聞紙の場合は、さらにポリ袋に入れ軽く空気を抜いて保存します。

冷蔵庫では、野菜室で立てた状態で保存するのがGood!保存期間の目安は6日程度です。また、茎は、空き瓶に挿して冷蔵庫で保管すると10日ほど持ちます。

カットセロリの保存は?

カットしたセロリは全体をラップに包み野菜室で保存するか、フリーザーバッグに入れて空気を抜ききってから冷蔵保存します。より長持ちさせたい場合は、水が入ったボウルや保存容器にセロリを入れて冷蔵庫で保存します。

容器の水は2〜3日に一度交換することで、より長く保存できますよ。カットしたセロリを冷蔵保存した場合、4〜5日程度日持ちします。

セロリの冷凍保存方法

セロリは冷凍保存が可能です。むしろ冷凍保存により、乾燥に弱いセロリをおいしく長持ちさせることができます。セロリの正しい冷凍保存方法をご紹介しますね。

準備するもの

・新聞紙
・ジップ付きのフリーザーバッグ

編集部のおすすめ