セロリは冷凍保存こそ便利!おすすめレシピで葉っぱまで賢く使い切る

特徴的な香りが人気のセロリ。みなさんはセロリが冷凍保存できることをご存じですか?様々な料理に使えるセロリを冷凍保存すれば、長い期間おいしいセロリ料理がたのしめます。どれくらい長持ちするのか、保存方法のコツなど、セロリ好きには嬉しい情報です!

2017年8月31日 更新

セロリは冷凍して上手に活用しよう!

サラダやスティック野菜にして、生のセロリそのものの風味を楽しむのはもちろん、炒め物やスープなど加熱しても使えるセロリ。あのシャキシャキした食感や香りが癖になるという人や、独特の香りが好きという人も多いのではないでしょうか。

セロリにはビタミンとカリウムが豊富に含まれています。カリウムは通常イモ類にも多く含まれていますが、イモ類はカロリーも気になりますよね。そんな時、セロリであれば、イモ類に比べてカロリーを大幅に抑えながらもしっかりとカリウムを摂取することができます。

セロリには食物繊維も豊富。かつてローマでは腸内環境をきれいにする薬草としてセロリが食べられていたこともあったのだとか。薬草として食べられていたのですから、その効果は期待できそうですよね。そんな優秀食材であるセロリ、買ってきてそれほど日が経っていないのに、葉の部分がしなしなになっていたり、茎の部分がスカスカになっていたという経験はありませんか。

残念ながら、セロリは日持ちがあまりよくない野菜。しかし、コツを押さえて冷凍保存すれば長持ちし、食べたい時に食べたい分だけ使うことができますよ。

セロリの冷凍保存方法

セロリは冷凍保存ができるだけでなく、むしろ、冷凍保存することで乾燥に弱いセロリをおいしく長持ちさせることができるんです。

準備するもの

・新聞紙
・ジップ付きのフリーザーバック

保存方法手順

1.葉と茎を分けます。葉と茎を分けずに保存すると葉っぱから水分が抜けて傷んでしまうため、冷凍保存の際は葉っぱと茎を分けましょう。
2.茎の部分をサッと茹で、よく水を切ります。
3.粗熱が取れたらジップ付きのフリーザーバックに入れ、空気を抜いて冷凍庫で保管します。

葉の部分は、みじん切りにして保存ます。捨ててしまいがちなセロリの葉ですが、葉っぱにもカロテンやビタミンが含まれています。また肉や魚料理の臭み消しにも活用できるので、捨てずに利用してみてくださいね。

茎にある筋は調理前にピューラーなどで取り除き、使いやすい長さに切りそろえてください。セロリの栄養は熱を通しても壊れにくいので、熱を通しカサを減らせばより多く食べることができますよ。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう