セロリは下ごしらえが大事

セロリは残留農薬が多い野菜です。一般的に香りの強い植物や野菜には害虫が少ないといわれますので、意外と思う方もいらっしゃると思いますが、セロリは栽培期間が長く、害虫に弱いため農薬が多く使われます。 また、葉と茎の部分を比較すると葉のほうにより多い農薬が残っていることが知られています。

セロリの下処理

1.セロリの葉を節のところで折ります。茎、葉とも流水で1~2分しっかりと洗います。 2.ボウルに水500~600ccに酢大さじ1の酢水を作り5分ぐらいさらした後、さらに水洗いをします。 葉の部分を食べる場合はさっとゆでた後にしっかりと水で振り洗いをします。

セロリの筋の取り方

セロリは先端(葉がついていた方)の筋を包丁で持ち上げ、根元に向かって引っ張るようにすると上手にとることができます。全体の筋をこの方法で取り除いたら、根元を水につけておきます。 筋は、ピーラーでも取ることができます。ピーラーを使う場合も先から根元に向けてピーラーを動かして取ります。

セロリの切り方いろいろ

セロリは切り方によって食感が変わってきます。切り方と食感についてご紹介します。 スティック状……お好みの長さに切ったら、縦は太さに合わせて、2等分から4等分に切ります。素材の味をしっかり感じつつ歯ごたえがよい食感になります。スティック野菜として召し上がるときなどにおすすめです。 輪切り……茎の部分を薄く切ります。お料理に合わせて切る厚さを変えます。筋に直角に包丁が入りますので、薄切りの時は筋は取らなくても大丈夫です。スティックのときよりも食べやすくなります。炒め物やスープの具材にするときには輪切りがおすすめです。

セロリサラダの人気レシピ20選

1.簡単・時短のセロリサラダ

トマトとセロリをひとくちサイズに切って、オリーブオイルベースのしょうゆドレッシングで和えています。セロリの茎は、斜めに切ることで歯ごたえを残しながら食べやすさが出ます。ドレッシングには、わさびを入れてピリッと大人の味に仕上げていますよ!

2.山クラゲとセロリの醤油マスタードサラダ

山クラゲ、こんにゃく、セロリと、それぞれ独特の食感を持った食材を組み合わせたサラダです。和えダレは少し甘みとゴマの風味がある和風のしょうゆダレです。メインとなる食材以外にも枝豆やトマトなど、色合いと味のバリエーションも豊富ですので、食べていて楽しさを感じますよ。

特集

FEATURE CONTENTS