37. 手早く炒める。かきとカリフラワーのパスタ

手間がかけられないお昼どきにおすすめのパスタ。カリフラワーはパスタの具材にもってこいです。おいしさのポイントは、パスタと生かき(生食用)、カリフラワーをパパッと炒めること。パスタをゆでる前にカリフラワーをゆでておけば、洗い物も少なく済み、時短になりますよ。

38. アイデアレシピ。カリフラワーピザ

小麦粉を使わず、米粉とカリフラワーで作るピザ。サクッと軽い食感でパクパク食べられますよ。カリフラワーを刻んで生地に加えるので、野菜が苦手な方や子供も気になりません。ソーセージやきのこ、野菜などいろいろな具材をトッピングして楽しみましょう。

39. 熱々を食べたい。カリフラワーと鶏もも肉のグラタン

Photo by macaroni

カリフラワーのグラタンは、熱々を頬張ると幸せな気持ちになります。ホクホクのカリフラワーになめらかなホワイトソースとチーズがたっぷり絡み、大人も子供も喜んで食べてくれますよ。ホワイトソースを作るとき、鶏もも肉やカリフラワーを炒めてから小麦粉を混ぜると、失敗なく作れます。

40. あっさり仕上げる。カリフラワーのキッシュ風

カリフラワーを豆乳で煮てからなめらかにつぶして作るキッシュは、卵や生クリームを使わないためあっさり味です。隠し味の白みそが上品で、ちょっとしたおもてなしにもGODD。フードプロセッサーで細かくしてから焼き上げると、表面がカリッと中はふんわり仕上がりますよ。

食べ方いろいろ。カリフラワー料理を存分に楽しもう

淡白なカリフラワーは、いろいろな料理に使える万能食材。炒め物やピクルスが一般的ですが、揚げても煮ても、生で食べてもおいしいのが魅力です。そのほかに、刻んでごはん代わりにしたりピザ生地にしたりと、さまざまなメニューで活躍してくれますよ。

カリフラワーを取り入れて、献立をもっと充実させてみてはいかがでしょう。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ