19. ごはんに合う。カリフラワーと油揚げのそぼろ煮

洋風だけでなく和風のおかずとしても使えるカリフラワー。甘辛い味付けでしっかり煮込んでもおいしいですよ。油揚げと豚ひき肉の旨味とコクが染み込んで、ごはんにもよく合います。片栗粉で軽くとろみを付けてもいいですよ。

20. 風味がいい。カリフラワーのバター蒸し

カリフラワーはほっくり蒸し煮にすると、ほろっと崩れそうなやわらかさを楽しめます。白ワイン、バター、しょうゆで風味を付けて、旨味を存分に味わいましょう。カリフラワーのほのかな甘味とマッチして、ホットサラダ感覚で食べられます。お酒にもよく合いますよ。

21. 味が染み込む。カリフラワーとソーセージの煮物

カリフラワーはソーセージと共に煮込むと旨味やコクが染み込み、具だくさんのスープ感覚で食べられます。やさしい味わいの煮物を引き締めるのは、黒こしょう。ホールタイプの黒こしょうを潰して加えると香り高く、味のアクセントになりますよ。パンを添えて朝食にいかがでしょう。

22. じっくり煮込む。カリフラワーとオリーブの煮物

にんにくやオリーブ、ドライトマトを使い、洋風の煮物を作ってみましょう。カリフラワーがしっかりやわらかくなるまで、ゆっくり煮込むのがおいしさの秘訣。旨味が引き出されて絶品ですよ。水分があまり出ない煮物なので、焦げ付かないように気をつけてくださいね。

23. とろける。カリフラワーと鶏むね肉のクリーム煮

特別な日やおもてなしにぴったりな、カリフラワーと鶏むね肉のクリーム煮です。まろやかなクリームソースとカリフラワーは相性抜群。鶏むね肉のおいしさが染み込んで、最後までおいしく食べられます。パンに付けたり、パスタソースにしたりして楽しみましょう。

メインおかずに。カリフラワーの人気「揚げ物」レシピ6選

24. 大人気メニュー。カリフラワーの唐揚げ

カリフラワーは揚げると格別の味わい。にんにくやしょうが、しょうゆで下味を付けるとおつまみにぴったりです。衣を薄く付け、カリッと揚げて熱々をいただきましょう。カリフラワーはひと口大に切り分けておくと、火の通りが早く上手に揚げられますよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ