カリフラワーの旬はいつ?保存のコツや調理のポイントも!

真っ白な見た目が特徴の「カリフラワー」。ホクホクした食感がおいしいお野菜ですが、旬がいつなのか知っていますか?この記事では、カリフラワーの旬や見分け方、上手な保存法やおいしく調理するポイントを詳しくご紹介。カリフラワー好きさん必見の情報が盛りだくさんです!

2020年3月26日 更新

ライター : 4575

子育てフードライター

小学生の子どもを持つママ、4575です。家事や仕事に忙しくてもおいしいごはんを作りたい!とレシピを日々研究中。作り置きや時短料理など、毎日のお料理を楽しく作るレシピをたくさん紹…もっとみる

カリフラワーの旬はいつ?

カリフラワーは、時期を変えながら全国で栽培・収穫されているため、真夏以外であればどの季節でも出回っています。一番おいしいのは、11~3月の寒い時期。旬を迎えると出回る量も増えてきますね。

旬のカリフラワーは甘みがあり、生でもおいしく食べられるのが特徴です。ほぼ一年を通して食べられるカリフラワーですが、旬ならではの味を楽しむなら冬がおすすめ。

おすすめの調理法

カリフラワーは、カリフラワーは、ゆでたり蒸したりして食べることが多いですね。火を通したカリフラワーは、サラダやピクルスなどのお料理によく合います。歯ごたえを残すために、どちらの場合も硬めに仕上げるのがおいしさのポイントです。

旬のカリフラワーはえぐみが少ないので、新鮮なものが手に入ったら、ぜひ生で食べてみてください。独特の歯触りを楽しみたい方におすすめです。甘みやみずみずしさを味わいたいなら、さっとゆでていただきましょう。

主な産地と旬の時期

2017年の調査によると、カリフラワーの出荷量が一番多いのは茨城県で2,140トン。続いて徳島県の1,850トン、熊本県の1,820トンと並びます。(※1)

出荷時期はそれぞれ異なり、茨城県では4~6月がもっとも多く、徳島県では11~5月、熊本県では11~3月に多く出荷されています。産地によって旬の時期が異なるので、購入するときは産地をチェックするのもおすすめです。

おいしいカリフラワーの見分け方

鮮度の良いカリフラワーは、ずっしりと重みがあります。つぼみが硬く、ぎゅっと締まっているのも鮮度が良い証拠。

選ぶときは、軸の切り口がみずみずしいものがおすすめです。軸が変色していたり、空洞ができているものは鮮度が落ちているので避けましょう。同時に葉っぱもチェックすると良いですね。葉っぱがしなびていたり、変色している場合は、収穫してから日にちが経ってしまっている可能性があるため、避けてください。

カリフラワーの上手な保存方法

カリフラワーは傷みやすいので、できるだけ早く食べましょう。冷蔵保存する場合は、乾燥しないように水で濡らしたキッチンペーパーや新聞紙で包んでからポリ袋に入れ、立てて野菜室に保存してください。

長期保存には冷凍がおすすめ

2~3日以上保存する場合は、下ゆでしてから冷凍保存すると良いでしょう。カリフラワーは生のまま冷凍すると、解凍したときに変色してしまうので、ゆでてから冷凍するのがおすすめです。

下ゆでしたカリフラワーを小房に分け、水分をふき取ってから冷凍用保存袋に入れてください。少し硬めに下ゆでするのがポイント。食べるときは、自然解凍や電子レンジで解凍後、硬い場合は再度蒸してからサラダにしたり、炒め物などに使えます。スープや煮物に使う場合は、凍ったままお鍋に入れて調理できますよ。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS