食感は変えられる!「キャベツの千切り」の方法&人気レシピ

この記事では、キャベツの千切り方法をコツを含めてご紹介します。ふわふわにするかシャキシャキにするかは、実は切る方向によるんですよ!あわせて、キャベツの千切りの保存方法や、おすすめの活用レシピもまとめてみました。

2019年9月30日 更新

ライター : ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅広く書いていこうと思います。日本酒が好きで飲み歩きも多いこの頃。旅行先のカフェに行くのも好きです。どうぞ宜…もっとみる

コツも伝授!「キャベツ」の千切り方法

まずは、基本となるキャベツの千切りのやり方からご紹介します。むずかしいイメージのある千切りですが、順を追って確認すれば意外と簡単なんですよ。

やり方

Photo by macaroni

1. キャベツを水洗いして水気を拭き取り、芯を切り落とします。

Photo by macaroni

2. キャベツをふたつに分けます。

Photo by macaroni

3. 葉を丸めてしっかりと押さえつけ、端から1〜2mm幅に切っていきます。

Photo by macaroni

4. キャベツの千切りを、1分ほど冷水に浸けます。

Photo by macaroni

5. キャベツをザルにあげ、キッチンペーパーで包んで水気を切ります。

Photo by macaroni

6. 器に盛り付けたり、料理に添えたりして完成です!

キャベツの千切りを作るコツ

キャベツの千切りは細かい作業なので、いっぺんに切ろうと思うと失敗の原因になってしまいます。大きい葉なら1〜2枚ずつ、1/4個カットなら内側と外側に分けて切るようにしましょう。また、葉を丸めて切るとやりやすいですよ。

千切りキャベツの食感は切る方向で変える

Photo by macaroni

キャベツの千切りの食感を変えるためには、どの方向で切るのかがポイントになります。鍵となるのは繊維。芯を軸に伸びている葉脈で、繊維の向きが分かりますよ。

ふわふわなら繊維を断つように

繊維(葉脈)を断ち切るように切ると、ふわふわとしたキャベツの千切りに仕上がります。上の画像で言うと、芯を下にして置いたときの垂直の方向ですね。料理の付け合わせなどに使う際は、ふわふわの千切りがおすすめです。

シャキシャキなら繊維に沿うように

繊維(葉脈)に沿って切ると、シャキシャキとしたキャベツの千切りに仕上がります。上の画像で言うと、芯を下にして置いたときの平行の方向です。スープや炒め物など、加熱する際におすすめの切り方。生で食べるときには、なるべく細く切るようにしましょう。

特集

FEATURE CONTENTS