キャベツの漬物「ザワークラウト」とは? 嬉しい効果と基本の作り方

キャベツの漬物「ザワークラウト」の嬉しい効果や作り方をご紹介します。この漬物、おいしいのはもちろんですが、整腸作用や美肌・美白効果も期待できるんですよ。一度作っておけば、料理に添えてそのまま食べたり、料理のアレンジ幅も広がります。

2019年3月27日 更新

ドイツ生まれの漬物「ザワークラウト」とは

「ザワークラウト」とは、ドイツにおけるキャベツの漬物のようなもの。酸味のある味わいが特徴なのですが、これは酢に漬け込むことによるものではなく、乳酸発酵によるものなんです。ドイツでは保存食として庶民に親しまれ、冷蔵庫に入れておけば長期保存が可能。

今回は、そんなザワークラウトについてご紹介します。女性に嬉しい効果効能や、基本的な作り方もまとめているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

地域によってさまざまな味付けがある

ザワークラウトは、ドイツ語で「すっぱいキャベツ」と名付けられるように、クセになるような酸味が特徴です。本場ドイツでは、家庭や地域によってもその味は違うのだとか。

その酸味は料理を爽やかにし、口直し的な存在になってくれるため、ソーセージやジャガイモの付け合わせとしてよく使われます。玉ねぎやブイヨンで味付けされているものはコクがあり、ただの付け合わせとは思えないほどしっかりした味わいになりますよ。

女性に嬉しい効果・効能がたくさん!

胃腸の健康維持・整腸作用

キャベツの中に含まれるビタミンUは、別名「キャベジン」とも呼ばれ、胃腸の粘膜を保護する働きがあります。(※1)また、発酵作業により増える乳酸菌は、腸内で善玉菌として働き、腸内環境を整える作用があります。(※2)

美肌・美白効果

キャベツには、100gあたりビタミンCが41mg含まれています。(※3)ビタミンCは、肌の土台となるコラーゲンの合成に不可欠な成分。また、日焼けやシミの原因となるメラニン色素の生成を抑制する働きもあるので、美肌効果が期待できます。(※4)

ダイエット効果

ザワークラウトに含まれる水溶性食物繊維には、栄養の吸収をゆるやかにすることで血糖値の急上昇を抑える効果が期待できます。また、食物繊維豊富なザワークラウトを積極的に取り入れることで、自然と満足感が得られるようになり、食べ過ぎを抑制してダイエットにつなげられるでしょう。

ザワークラウトの作り方

密閉容器に入ったザワークラウト

※画像はイメージです。

基本の作り方

材料(作りやすい分量)

・キャベツ……500g(1/2玉)
・粗塩……小さじ2杯
・キャラウェイシード(あれば)……適量
・ローリエ……1枚
・赤唐辛子……1本

手順

1. 芯と外葉を取りのぞいたキャベツを千切りにし、ボウルに入れます。粗塩と、あればキャラウェイシードを加えて、水分が出るように軽くもみます。

2. 出てきた水分ごと保存容器に移し、ローリエと赤唐辛子を加えます。重石をおいて冷暗所で約1週間(夏場なら冷蔵庫で3日間)寝かせます。

3. アクが出ていたらその都度取りのぞき、キャベツが黄色になったら完成です。

電子レンジで簡単!即席ザワークラウトの作り方

あまり時間をかけられない、という人におすすめのレシピが電子レンジで作る方法。作ったらその日中に食べられるので、とってもお手軽ですよ!

材料(作りやすい分量)

特集

SPECIAL CONTENTS