基本をマスター!ザワークラウトの作り方

まずは、基本となるザワークラウトの作り方です。キャベツの水分を抜くために塩を使用し、そのほかキャラウェイやクローブといったスパイス・ハーブを加えて発酵。酸味が強く前に出るというよりは、爽やかさを感じられる仕上がりになりますよ。 漬けておく容器はそのまま保存する際にも活用するので、使用前にはかならず煮沸消毒をして清潔な状態で使いましょう。

即席で作れる簡単レシピ

本来は発酵や熟成を経て作られるザワークラウトですが、「すぐ作って食べたい!」という方はこちらのレシピを試してみてください。キャベツをレンジにかけてしんなりさせ、調味料に漬けておくだけの簡単レシピです。

日持ちも確認。ザワークラウトの保存方法

煮沸消毒した保存瓶に入れて作ったザワークラウトは、そのまま冷蔵庫に入れて保存します。発酵食品なので、比較的長く保存可能!手作りでも3〜6ヶ月ほど日持ちするとされています。保存期間が長くなるほど、発酵が進んで酸味が増しますよ。

冷凍保存はできる?

冷凍できないわけではありませんが、あまりおすすめできません。キャベツは水分が多い野菜であるうえに、出た水分は切らずにそのまま漬けておくため、解凍した際に食感が変わってしまいます。できれば冷蔵庫で保存するようにしましょう。

まずいときは…ザワークラウトの人気レシピ5選

本格的なザワークラウトを「まずい……」と感じてしまう方は、自分に合った味付けを見つけてみましょう!日本人であるわたしたちの舌にも合うようなレシピを選んでみたので、ぜひ試してみてください。

1. マヨネーズ入りザワークラウト

「やっぱり酸味が気になる……」という方は、マヨネーズを和えるこちらのレシピがおすすめです。酸味は残しつつ、マヨネーズのまろやかさで食べやすく仕上がります。それでもキャラウェイシードやローリエを使用することで、風味よく楽しめますよ。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS