【とっても美味しい】岐阜の郷土料理「鶏ちゃん焼き」のすすめ

岐阜の郷土料理である鶏ちゃん焼きをご存知ですか。 今、ひそかにブームとなっている「鶏ちゃん焼き」の魅力についてまとめてみました。 鶏肉とキャベツ、玉ねぎや人参を味噌で炒めた家庭料理。 ぜひ鶏ちゃん焼きを知って、お家で試してみてください。

鶏ちゃん焼きってなーに?

鶏ちゃんとは、岐阜県の郷土料理の一つで、鶏肉を使用した料理である。「けいちゃん」とも表記され、「鶏ちゃん焼き」ともいう。

元々は飛騨地方南部の下呂市(旧益田郡)や高山市南部、中津川市北部、奥美濃地方の郡上市の家庭料理である。1950年頃から食されていて、1960年頃から、地元の精肉店や居酒屋が独自に改良したと言われる。

出典: ja.wikipedia.org

鶏肉を一口サイズに切り分け、みそやしょうゆ、塩などをさまざまに調合したタレにつけ込んでおく。
下味のついた鶏肉を、キャベツやタマネギ、ニンジンなどの野菜と一緒に、鉄板やフライパンで焼いて食べる。
染み出た肉汁と野菜からの甘さが混ざったタレに、鍋料理一般のように、最後のシメとしてうどんや焼そばなど麺類を投入することもある。

なお、タレは各家庭、飲食店、製造業者により異なるが、郡上地区は郡上味噌味、下呂地区はしょうゆが多い。鶏肉の部位も製造業者によって異なり、鶏の内臓を用いたもの、あるいは混ぜたものもあり、鶏の皮肉と内臓を混ぜたものを当地では皮きもと称する。タレには、ニンニクやタマネギの摩り下ろしたもの、ゴマなどを加える場合もある。

出典: ja.wikipedia.org

鶏ちゃん焼きにはファン多数!

作り方は?

鶏ちゃん焼きの味の決め手は味噌。

こだわる人はぜひ赤味噌で作ってみてください。
本格的な味に仕上がります。
ごはんにもあって、美味しいですよ。

特集

SPECIAL CONTENTS