【基本】カリフラワーライスの作り方

カリフラワーライスの作り方はとても簡単。カリフラワーを細かくカットし、炒めるだけ!レシピではフードプロセッサーで細かくしていますが、刻んだり、すりおろしたりしても作れます。塩加減はお好みで、スパイスやレモンを振ってもおいしいですよ。

カリフラワーライスの冷凍保存方法

カリフラワーは生の状態だと変色しやすいので、加熱してから保存するのがおすすめ。基本の通りにカリフラワーライスを作り粗熱をとってから、密閉袋に入れてしっかりと空気を抜き、冷凍庫で保存します。

このとき、1食分ずつラップで包んでおくと、食べるときに便利ですよ。この状態で、1ヶ月ほど保存可能です。

解凍方法

冷凍カリフラワーライスを食べる際は、一度冷蔵庫に移して自然解凍してから、電子レンジやフライパンで温めましょう。冷凍後早めに食べれば、あまり風味を損なわずにおいしくいただけますよ。

アレンジして楽しもう!カリフラワーライスの人気のレシピ5選

1. カリーフラワーライス

Photo by macaroni

カリフラワーライスをご飯としておいしくいただくなら、やはりカレーは外せませんね!こちらはレンジで作る手軽なカレーレシピ。具はひと口大のブロッコリーと低脂肪のささみがメインで、食べごたえがありますよ。ダイエット中にカレーが食べたいときにいかがでしょうか?

2. カリフラワーのタブーリサラダ

中東で親しまれている、パセリのサラダ「タブーリ」。本来はパスタの一種「クスクス」を使用しますが、代わりにカリフラワーライスを使い、低カロリー・低糖質にいただきましょう。一度ローストしてパラパラにすることで、クスクスそっくりの食感が再現できますよ。(※1,7)

3. カリフラワーライスのカルボナーラリゾット

Photo by macaroni

ダイエット中、カロリーが気になるけど食べたくなる、濃厚なカルボナーラ。そんな欲求を満たす、カリフラワーライスで作るカルボナーラリゾットです。同量の白米と比べて、カリフラワーで作るとカロリーは約1/6、糖質は約1/15に抑えられますよ。(※1)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ