1週間で3,000円以下!南極料理人が教える、スゴ技節約晩御飯メニュー

【バイキング】で放送された「南極料理人が教える1ヶ月で2.4万円節約!1週間究極やりくり晩ごはんレシピ」ご覧になりましたか?…まさかの手法で1週間の晩御飯を超節約出来る奇跡のレシピとは!?健康的で安価な唐揚げにも期待!要チェックです!

2015年10月9日 更新

5日目 お手製さつま揚げ

フープロに、チキン15~20切れと卵1個、玉ねぎ1個、味噌と生姜を適宜入れてミンチにします。ボウルに取り出して片栗粉大さじ1とネギ0.5本を刻んで混ぜ、好きな形に成形したら180℃の油で揚げて完成。 意外と簡単にお手製ができてしまいますね。 その他、きゅうりとわかめの酢の物と、前日の残りのわかめスープをもとにした韓国風味噌汁が副菜に。

6日目 じゃがいもピザ

じゃがいも2個をスライサーでスライスして、オイルを引いたフライパンにぴっちりと敷いて万遍なく両面焼きます。長ネギのスライスと鶏肉を切ったものを用意しておきましょう。 じゃがいもが焼けたら具を載せて、トースターやオーブンで焼きます。チーズやケチャップ、カレー粉を使用します。 副菜はコールスローと野菜炒めスープ。先日の野菜炒めはここで活用します。

最終日 ドライカレー

キーマカレーな感じです。余った鶏肉、長ネギ、トマト、パプリカなどをフープロで細かくして炒め、鶏皮スープと調味料類で整えていきます。フードブロセッサーを使うから手間がかからず簡単です。 副菜は、カレースープ…ドライカレーをお湯で溶いたスープ…と中華風ピクルスです。

コツは、余った料理を生まれ変わらせること

一週間を通して活躍したのが鶏むね肉と高野豆腐のコンビ、そして鶏皮スープでした。 この2つは1週間上手に活用したいところですね。 そして余ったおかずやスープは、その日のうちに消費せず後日リメイクに使用するという節約技で大活躍。野菜もお肉も余すことなく使われていきます。 確かに、ここまで頑張ったら節約できそうですね。
如何でしたか?お安い材料で1週間をやりくりするコツ、つかめましたか? 分量外の材料もいくつか必要ですが、大体は冷蔵庫に常備されているものばかり。 ささっと作れてラクラクな節約レシピ、ぜひ参考にしてみてくださいね!
こちらを参考にいたしました。よく読んで楽しく節約していきましょう!

特集

FEATURE CONTENTS