「かぼちゃの味噌汁」の基本レシピ!アレンジレシピ8選もチェック

いろいろなお料理に使われるかぼちゃ。今回はそんなかぼちゃを使ったお味噌汁のレシピをご紹介します。シンプルなものから意外な食材を組み合わせたものまで、さまざまなレシピが登場しますよ。ぜひかぼちゃの味噌汁にチャレンジしてみてくださいね。

「かぼちゃのお味噌汁」基本の作り方&カロリー

「なんといっても、まずは基本の作り方を知りたい!」という方にはこちらのレシピをおすすめします。かぼちゃとネギのみを使用したシンプルな味わいで、ひと口飲めばほっと心の緊張もほどけていきそうな温かさですよ。ひと工程ずつ丁寧に作り上げるのが、おいしくできるコツです。

ちなみにカロリーはこちらのレシピで66kcalですよ。

上手に作るコツ

かぼちゃは、皮をところどころ剥いて5~8mmくらいのいちょう切りにするのがおすすめです。皮を少し剥くことによって、味の含みがよくなり口当たりがまろやかになりますよ。

また、かぼちゃは煮崩れしやすい食材としても知られていますよね。ポイントは、かぼちゃが柔らかくなったらお味噌を溶き入れて仕上げること。そうすれば煮崩れずにおいしくいただくことができます。竹串を刺してみて、スッと通るくらいが柔らかくなった合図です。

「かぼちゃ味噌汁」具の人気アレンジレシピ8選

1.かぼちゃと玉ねぎのお味噌汁

こちらはかぼちゃと玉ねぎを使ったお味噌汁のレシピです。かぼちゃと玉ねぎの自然な甘みが相まって、優しい味わいに仕上がっています。普段はお野菜嫌いのお子さんも、このレシピのお味噌汁なら進んで食べてくれそうですね。玉ねぎは5~6分煮て、柔らかさをプラスするのがポイント。

2.かぼちゃとしめじの豆乳味噌汁

パッと目を引くビジュアルの、真っ白なお味噌汁はいかがですか?豆乳を使ったおみそ汁の具には、かぼちゃとしめじがぴったり。色鮮やかで美しい、フォトジェニックなひと品に仕上がりますね。豆乳は火を止めてからお鍋に入れることで、分離するのを防ぐことができます。

3.かぼちゃと白菜のお味噌汁

寒い冬至の日に食べたくなりそうな、かぼちゃと白菜のお味噌汁です。具だくさんのお味噌汁で、一杯で大満足できそうな食べごたえですね。忙しくておかずをたくさん作れなかった日も、このお味噌汁があればお腹も心も満たされます。食べ盛りのお子さんも、お野菜をたっぷりと摂れそうですね。

4.かぼちゃともやしのお味噌汁

こちらは家計にも優しいもやしを使ったかぼちゃのお味噌汁レシピです。太もやしを使っているので、しゃっきりとした心地よい歯ごたえを楽しむことができますよ。かぼちゃのほっくり感とのコントラストがたまらないひと品で、こちらのお味噌汁のファンになる方が続出しているのだそう。

特集

SPECIAL CONTENTS