ライター : Raico

製菓衛生師 / スイーツ&フードアナリスト / フードライター

情報誌の編集・ライターとして出版社に勤務後、パティシエとしてホテル・洋菓子店・カフェレストランにて修業を重ね、デザート商品開発に携わる。一方でフードコーディネーター、ラッピ…もっとみる

かぼちゃは冷凍保存しよう

かぼちゃは丸ごと保存する場合、常温で1~2か月保存できます。ただし、カットしてしまうと傷みが早く、常温で3~4日、冷蔵庫に入れても5日ほどしか日持ちしないため、その間に使い切らなくてはなりません。しかし冷凍することで、1~2ヶ月ほど保存することができます。

冷凍保存するメリット

冷凍保存するメリットは、長期間保存できるだけでなく、冷凍しても栄養素がほとんど変わらないところ。また調理するときはわざわざ解凍する必要がなく、凍ったままで調理ができることです。

そして生でも加熱しても、保存することが可能。下処理をしてお好きな大きさにカットしたり、下ゆでしたりマッシュしたりと、使い勝手のよい状態で保存しておくと、調理するときに便利でおすすめですよ。

種とワタだけはすぐに取る!

水分量の多い種やワタのある部分は、かぼちゃを買ったらすぐに取り除きましょう。すぐに冷凍保存しない場合でも、取ってしまうのがおすすめ。傷みやすくカビが生えやすいため、この部分をスプーンで丁寧に取り除きます。その後ペーパータオルを使い、水分をよくふき取ってくださいね。

生のかぼちゃを冷凍保存する方法

調理方法が特に決まっていない場合は、何にでも使えるように生のかぼちゃを小分けして冷凍しましょう。

冷凍の仕方

ポイントは、使いやすい大きさに切ることです。煮物に使うなら角切りに、炒めものに使うなら薄めにスライスすると、調理時にそのまま使えるのでとても便利です。皮は気にする方は取って冷凍してもOK。ただし、皮にも栄養があるので、残したまま冷凍したほうが栄養面的にはよいでしょう。

なお、カットしたかぼちゃは、小分けにラップで包んでフリーザーバックに入れて冷凍します。酸化しないようにきっちりと包み、なるべく空気に触れさせないことが重要です。

保存期間

約1~2カ月保存することができます。

かぼちゃはカットされていない丸ごとの状態では、長期間の保存ができます。厚い皮に覆われており、ほかの野菜に比べて水分含有量が少ないため腐りづらいのが理由です。日が当たらず、涼しく、風通しのよい場所に置いておけば、約2カ月ほど保存できます。

しかし一度切ってしまうと酸化が始まるため、長期保存はNG。カット済みのかぼちゃは、冷蔵保存をしても4~5日ほどしか持ちません。カットしてしまうと、いかに傷みやすくなるのかお分かりいただけますね。そのため一度包丁を入れてしまったかぼちゃが余ったら、早めに冷凍保存するのがおすすめです。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ