かぼちゃを冷凍保存する方法は?保存期間と活用レシピまとめ!

かぼちゃを丸ごと買ったはいいものの、使い切れない!という経験はありませんか?そんな時は冷凍保存をするのが賢い方法。生のまま、加熱後、調理後など、シーン別に、かぼちゃの上手な冷凍方法や保存期間を解説します。活用レシピも併せてご紹介します!

2018年12月4日 更新

かぼちゃを冷凍保存

βカロチンやビタミン、食物繊維が豊富なかぼちゃ。健康によいだけではなく、抗酸化作用も豊富に含まれているため女性にも嬉しい効能がたくさんあります。ぜひ積極的にとっていただきたい食べ物です。

しかし、かぼちゃって丸ごと1個を買うのをためらうことありませんか?1人暮らしだと1回では食べきれないし、かぼちゃを切るのは体力を使うんですよね…。女性の力だと、なかなか包丁が中に入らなかったり……。ですが、一度気合いを入れて切って冷凍ストックしておけば、欲しい時にササッと使えて、毎回カットする必要もありません。

切っていない状態だと冷凍保存はできませんが、カットすれば、生でも加熱後でもおいしく冷凍保存ができますよ。冷凍する際のコツと、上手な冷凍かぼちゃの調理方法などをご紹介していきます。

生のかぼちゃを冷凍

調理方法が決まっていない時は、何にでも使えるように生のかぼちゃを冷凍しましょう!

冷凍の仕方

ポイントは、種やワタをきれいに取り、使いやすい大きさに切ることです。種やワタが付いたままだと、そこから傷んでいくので、綺麗に取り除くことが大切です。

煮物に使うならば角切りに、炒めものに使うならばスライスにすると、調理時にそのまま使えるのでとても便利です。皮は気にする方は取って冷凍しても良いですが、皮にも栄養がありますので、残したまま冷凍した方が栄養面的にはよいでしょう。

なお、カットしたかぼちゃは、小分けにラップで包んでフリーザーバックに入れて冷凍します。酸化しないように、なるべく空気に触れさせないことが重要です。

保存期間

約1~2カ月保存することができます。

かぼちゃはカットされていない丸ごとの状態だと、長期間の保存ができます。他の野菜に比べて、水分含有量が少ないため腐りづらいのです。日が当たらなく、涼しい、風通しが良い場所に置いておけば、約2カ月ほど保存できます。

しかし一度切ってしまうと品質が劣化し、長期保存ができません。カット済みのかぼちゃの冷蔵保存期間は4~5日ほどです。カットしてしまうと、いかに傷みやすくなるのかお分かりいただけますよね。一度包丁を入れてしまったかぼちゃは、頑張って使い切ろうとするのではなく、余ったものは冷凍保存するのがおすすめです。
1 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう