かぼちゃの保存方法は冷凍?冷蔵?【方法別】保存期間まとめ

かぼちゃの上手な保存法を知っていますか?そのままでも長持ちするイメージの強いかぼちゃですが、上手に保存すると期間を延ばすことができます。ここでは、おすすめの保存方法と保存期間の目安を詳しく説明します。

かぼちゃを上手に保存

かぼちゃはサラダにしても煮物を作っても甘みがあっておいしいですよね。でも、丸ごと一個買うとあまりがちで困ることはありませんか?


今回ご紹介するのは、かぼちゃの上手な保存方法です。保存方法によって、保存期間に大きな差が出ることもあります。おすすめの保存方法と期間の目安を知って、上手に保存しましょう。

常温保存する方法

かぼちゃは、夏から秋にかけて旬の野菜です。その形状からして、丸ごとの状態で長期保存することができます。丸ごと状態のかぼちゃは、風通しの良い冷暗所で保存するようにしましょう。

かぼちゃは、長期保存で追熟によりデンプンが糖質に変わるので、甘みが増して栄養価も上がります。常温保存の場合、特に10℃前後での保存がベストです。

常温保存の場合は、丸ごとが基本。かぼちゃを切った場合は、常温保存には向いていません。切ったら冷凍保存が長期保存に向いています。

冷蔵庫で保存

カットして保存

カットしたかぼちゃは冷蔵庫で保存します。この時、カットしたかぼちゃの種とワタを取り除きましょう。種とワタが入っていたところにキッチンペーパーを詰めます。

そして、しっかりとラップで包みこんで、冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。

茹でて保存

茹でたかぼちゃは、タッパーか保存袋に入れて冷蔵保存します。このとき、長期保存したい時は冷凍保存しましょう。保存期間(賞味期限)の目安は、冷蔵保存の場合で2~3日程度となります。

冷凍庫で保存

調理したかぼちゃを、どうしても長期的に保存したい場合は冷凍庫が便利。生のままカットしなければ常温保存でもいいですが、少し手を加えるだけでさらに長期的な保存が可能となります。ここではかぼちゃの冷凍保存について紹介します。

加熱して保存

かぼちゃを長期保存したい場合は、ひと手間かけると長い期間保存ができます。まずは、かぼちゃの種とワタを取り一口大に切ります。切ったかぼちゃを電子レンジで加熱。

このときの硬さについては、かぼちゃの大きさや電子レンジの性能によって違いがあります。途中でかぼちゃの様子を見ながら硬さを加減するようにしましょう。
▼かぼちゃをレンジで加熱する方法、詳しくはこちら!

マッシュして保存

丸ごとのかぼちゃと違って、カットしたかぼちゃは日持ちしません。そのため、使い切れない時は早めに冷凍保存するとよいでしょう。ここでは、マッシュする冷凍法をご紹介します。

かぼちゃをマッシュして冷凍すると料理にすぐ使えて便利ですし、レシピの幅も広がります。ラップでくるんでレンジでチンするだけで、調理しやすくなります。

熱をとってかぼちゃの実をスプーンなどでかき取って、つぶしたらよく冷ましましょう。そして、薄く小分けにしてラップでぴったりとかぼちゃを包みます。フリーザーバッグに入れてできるだけ空気を抜いて、ジッパーをしっかり閉めて冷凍保存しましょう。

解凍と使い方

解凍は自然解凍よりも、電子レンジで解凍します。冷凍前に加熱しているので、自然解凍はそれほど意味がありません。レンジを使って解凍して料理に使ったほうが、かぼちゃの風味が逃げないでおいしく使えます。
▼かぼちゃの煮物は冷凍保存が賢い!

方法別の保存期間

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう