コツを掴んでグッと格上げ!かぼちゃサラダの人気レシピ16選

かぼちゃを使ったサラダの人気レシピを一挙ご紹介します。調味料を変えたり食材をプラスしたりして、さまざまなアレンジを効かせることができますよ!甘くて食べやすいサラダは、おいしいだけでなくおなかもいっぱいになりますよ♪

かぼちゃサラダの基本レシピ

レタスの上のかぼちゃサラダ

Photo by macaroni

材料(3人分)153kcal/人

・かぼちゃ……1/8個
・玉ねぎ……1/4個
・塩こしょう……少々
・マヨネーズ……大さじ2杯
・粒マスタード……小さじ1と1/2杯

下ごしらえ

かぼちゃは種とワタを取り、2等分します。

作り方

1. 玉ねぎはスライサーで薄くスライスし、耐熱ボウルに入れてラップをかけ、レンジ600Wで30秒加熱します。

2. かぼちゃはひと口大に切って耐熱ボウルに入れ、ふんわりラップをかけてレンジ600Wで4分加熱します。取り出して温かいうちにマッシャーで粗く潰します。

3. 21の玉ねぎと塩こしょう、マヨネーズ、粒マスタードを加えて混ぜます。

4. お皿に盛り付け、お好みでアーモンドスライスをのせて召し上がれ!

ポイント

玉ねぎはレンジで加熱すると辛味が抑えられます。今回はアーモンドスライスをトッピングしましたが、かぼちゃに混ぜ込んでも食感にアクセントが出ておいしいですよ。アーモンド以外のナッツ類もぜひ試してみてくださいね!

おいしく作るコツ&日持ちについて

かぼちゃサラダをおいしく食べるために、また、傷みやすいかぼちゃを上手に日持ちさせるためには、下ごしらえの段階で、水分をコントロールすることが重要になります。おいしさアップのコツをご紹介しますね!

水っぽさをなくす

かぼちゃをゆでたあとは、こふき芋を作る要領で、できるだけ表面の水分を飛ばすように炒っていきます。こうすることでホクホクに仕上げることができ、かぼちゃの甘みもぎゅっと詰まっているように感じます。

また、かぼちゃは個体差によって少し水っぽいものもあるのですが、この場合、サツマイモをあわせてあげるとかぼちゃの水分をサツマイモが吸い取って、舌触りがなめらかな、ねっとりと甘いサラダにできます!

味付け

お料理をするとき、素材に味がしみこむタイミングは冷めるときです。この特徴を利用して、かぼちゃサラダの味付けは温かいうちに調味料をあわせるようにします。

ただし、マヨネーズだけは別ですよ!マヨネーズを温かい素材に混ぜると、油分が分離し味を損ねてしまいます。マヨネーズ以外の調味料を下味として温かいうちに混ぜ、マヨネーズだけは冷めてから!これでしっかりと基本の味付けとマヨネーズの風味がついた、おいしいサラダになります。
▼かぼちゃの調理のコツはこちら

日持ち

ゆでたかぼちゃは水分量が高くなるため、傷みやすくなります。さらに、サラダの材料や味付けに卵やマヨネーズを使った場合には、おいしく食べるためにも早めに食べきることをおすすめします。

また、夏場の暑い時期に常温の場所に置いておくと、数時間で傷んでしまうこともあるので、お弁当のおかずにするのには不向きです。最初から食べきる量を作るか、作り置きの場合も冷蔵保存で3日以内に食べましょう。

かぼちゃ×チーズ系サラダレシピ5選

1. かぼちゃのサラダ茶巾

木の板の上のかぼちゃサラダ

Photo by macaroni

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

misokko1

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう