ライター : 佐々木 梓

管理栄養士

妊産婦食アドバイザー、インナービューティーダイエットアドバイザー。医療機関の管理栄養士として、乳幼児から高齢者まで幅広い対象者に向けた食事カウンセリングをおこなう。料理教室…もっとみる

レンズ豆の栄養や効果効能

たんぱく質

ゆでたレンズ豆100gあたりに、11.2gのたんぱく質が含まれます。

たんぱく質は筋肉や臓器の材料になり、体を作るもとになる栄養素です。また体の機能を調節する酵素やホルモンの材料として使われ、免疫に関わるはたらきもあります。不足すると筋力が低下するほか、体の抵抗力が弱くなるおそれも。そのため、毎日十分な量を補給する必要があります。(※1,2)

食物繊維

ゆでたレンズ豆100gあたりに、9.4gの食物繊維が含まれます。

食物繊維には水溶性・不溶性の2種類があります。レンズ豆にはどちらの食物繊維も含まれます。特に多い不溶性食物繊維は、水分を吸収して膨らむ性質があるため、便を増やして腸を刺激することで、便秘対策につながります。さらに、腸内善玉菌のエサになるので、腸内環境を整える作用がありますよ。(※1,3)

カリウム

ゆでたレンズ豆100gあたりに、330mgのカリウムが含まれます。

カリウムは体内のナトリウムを排出するはたらきがあり、摂り過ぎた塩分の調整に関わるミネラル。外食が多い方や加工食品をよく食べる方は、塩分が多くなる傾向にあるため、積極的に摂りたい栄養素です。塩分の摂り過ぎによる “むくみ” を抑える作用もありますよ。(※1,4,5)

ゆでたレンズ豆100gあたりに、4.3mgの鉄が含まれます。

鉄はヘモグロビンに含まれるミネラルでのひとつで、酸素の運搬や、血液から筋肉への酸素の受け渡しに関わっています。また、コラーゲンを作るためにも必要となるため、鉄を摂ることで綺麗な肌の維持に役立ちますよ。(※1,6)

ビタミンB1

ゆでたレンズ豆100gあたりに、0.20mgのビタミンB1が含まれます。

ビタミンB1は糖質からエネルギーを生み出すために必要となる栄養素。エネルギーは運動時だけでなく、脳や神経が正常に機能をするためにも必要となります。ビタミンB1を十分に摂ることでエネルギーが作られ、イライラや集中力の低下を抑えるために役立ちますよ。(※1,7)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ