かぼちゃのおいしい保存方法は冷凍?冷蔵?【方法別】保存期間まとめ

かぼちゃの上手な保存方法をご存知ですか?そのままでも長持ちするイメージの強いかぼちゃですが、上手に保存すると期間をぐんと延ばすことができるんです!ここでは、切り方に合わせた保存方法と保存期間の目安を詳しく説明していきます。

2019年4月19日 更新

カットして保存

カットしたかぼちゃは冷蔵庫で保存します。このとき、カットしたかぼちゃの種とワタを取り除きましょう。種とワタが入っていたところには、キッチンペーパーを詰めてくださいね。そして、しっかりとラップで包みこんで、冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。この方法なら約5日ほど保存しておくことができますよ。

ゆでて保存

ゆでたかぼちゃは、フードコンテナか保存袋に入れて冷蔵保存します。保存期間(賞味期限)の目安は、冷蔵保存の場合で2~3日程度となります。(長期保存したいときは冷凍保存しましょう。)

かぼちゃの冷凍保存&保存期間

調理したかぼちゃを長期的に保存したい場合は、冷凍庫での保存が便利。生のままカットしなければ常温保存でもいいですが、少し手を加えるだけでさらに長期的な保存が可能となりますよ。

加熱して保存

まずは、かぼちゃの種とワタを取りひと口大に切ります。切ったかぼちゃを電子レンジで加熱。このときの硬さは、かぼちゃの大きさや電子レンジの性能によって違いがあります。途中でかぼちゃの様子を見ながら硬さを加減するようにしましょう。

加熱済みのかぼちゃなら、冷凍で約1ヵ月保存しておくことができます。加熱後はしっかりと水気を取るのがポイントです。
2 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう