お昼を基準に!朝ごはんを食べる理想の時間、教えます。

今回は、朝ごはんは何時に食べるのがベストなのか、理想の時間帯をご紹介します。実は、お昼ごはんの時間によって変わってくるんですよ。起きてすぐに食べられないという方の対処法や、おすすめの朝食レシピもまとめています。

2017年6月12日 更新

何時がベスト?朝ごはんを食べる時間

午前中の活力として、とても大事な朝ごはん。あなたはきちんと食べていますか?「何時に食べていいのか分からない」「起きてすぐは食べられない」「そもそも食べる時間がない」と、さまざまな意見があると思います。

まずは、朝ごはんを食べるのに適した時間が何時なのか、そこからお話ししましょう。

理想のタイミングは9時まで

朝に摂取した糖分は、約3時間ほどで消化吸収されます。お昼ごはんを食べる時間が12時なのであれば、逆算して9時までには朝ごはんを済ませるのが理想。そうすれば、脳内の糖が不足する前に補給できますね。

起きてすぐは食べられないという人は

朝はなかなか食欲がわかないという方、多いと思います。それでもやはり、"食べない"という選択肢は避けたいところ。

上でも書いたように、お昼ごはんの3時間前までに済ませられれば、必ずしも起きてすぐ食べなければならないということはありません。出社してからデスクで朝ごはん……というのも、ひとつの手ですね。

遅すぎるのは避ける

お昼ごはんの時間を基準に、朝ごはんの時間は決められますが、あまりに遅い時間に食べるのはおすすめできません。例えば朝ごはんを13時に食べて、お昼ごはんを16時に……という食生活は、避けるようにしましょう。

あくまでも朝ごはんは朝に、昼ごはんは昼に食べるのが、食生活を整えるために大切なことです。
1 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

mayo

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう