朝ごはん、ちゃんと食べてる?大切なのはバランスと時間帯!

朝は忙しいから、朝ご飯は抜き!そんな方が近年増えていると言われています。しかし、朝ご飯を抜くと身体に悪い影響がたくさんあります!今回は朝ご飯に何を食べると良いのか、何時頃に食べれば良いのか。そのポイントをご紹介致します♫

朝ごはんのポイントは「バランス」と「時間帯」

皆さんは朝ごはんを食べていますか。
近年、朝ごはんを食べない人が増えてきました。朝は起きてすぐだと血糖値が低く、内臓や神経、脳の働きが低下した状態です。そんな状態で仕事や勉強をしても集中できるわけもありません。

そこで「ごはん」というエネルギーを摂る事で、こうした機能を正常に戻し、身体を目覚めさせるのです。
朝が苦手で・・・という人も多いかと思いますが、「朝が苦手」の原因は、実は「朝ごはんを食べない」ということに繋がっているのかもしれません。

朝ごはんを抜くとこうなる!

あるアンケートで、朝ごはんを食べない人は、食べる人よりも夜更かしが多く、平均の睡眠時間が少ないという事が分かりました。
更に夜食を食べている人も朝ごはんを食べない人が多く、この結果を見ても身体の健康によくないという事が分かります。
夜更かしをして、寝る前に夜食を食べる事によって食事の消化が進まず、起きたときに胃が重くなり、食欲が沸かず、結局朝ごはんを抜いてしまいます。
一食抜くと、三度の食事の時間が少しずつずれてしまい、また夜遅くに夕飯を食べ、また朝ごはんを抜く・・・といったように悪循環につながります。

これを繰り返す事で生活のリズムが狂い、体調を崩す原因となっていくのです。
それだけでなく、エネルギーが足りないと身体が軽い飢餓状態になり、体内に残ったエネルギーをなるべく使わないよう、脂肪としてため込んでしまうとも言われています。
つまり肥満にもなりやすくなるのです。
ダイエットだからと言って食事を抜いたりしがちですが、実は逆効果なのです。

バランスの良い食事とは?

このような事にならないようにするには、バランスの良い朝ごはんを摂る事が良いとされています。
では、バランスの良い朝ごはんとは何を食べれば良いのでしょうか。
朝ごはんに食べた方が良いものとして、ごはんやパンなどの主な成分の炭水化物、肉や魚などに含まれるたんぱく質、油やバターなどに含まれる脂質、緑黄色野菜があげられます。
朝は忙しいからこんなに準備できない、という人もいると思いますが、前日に切り物だけするなど工夫してみてはいかがでしょう。
お魚を焼いたりが面倒という方はご飯・納豆・味噌汁を飲むだけでも良いです。
今まで朝ごはんを食べていなくて食べれないという方は、少量の牛乳、ヨーグルト、スープなどの液体のものからちょっとずつ食べる事をおすすめします。

とにかく何か口にすることで、脳や身体が目覚め、午前中を快適に過ごすことが出来るのです。

食べる時間帯

バランスの良い食べ方も大切ですが、ご飯を食べるタイミングも大切です。
食事をとってから、消化に3時間程かかると言われています。なので、お昼を12時にとるとしたら、朝ごはんは9時までにとると良いとされています。
さらに夕飯も寝る3時間前にとると消化されて、次の朝お腹がすき、朝ごはんを食べる事が出来ます。

こうして身体を慣らしてあげると、自然とメリハリのある快適な生活が送れるようになってくるでしょう。
一日の初めに朝ごはんを食べて、元気に健康な生活をしてみませんか??
【提供元】
▼過去のママスタ記事はこちらからチェック!

特集

SPECIAL CONTENTS