実は女性に多い? 痔の対策効果が期待できる食べ物のまとめ

実は、日本では痔に悩む女性が多いのですが、痔に効果的な食べ物があるんです。今回は、善玉菌を増やして腸内環境を整え、そもそも痔を事前に対策するとっておきの食材をご紹介。悪い影響を及ぼす食材も確認しながら、まずは食生活を見直してみませんか?

2019年6月19日 更新

痔を対策するためには

痔を対策するには「食物繊維」が必要。しかし、食物繊維が含まれているものを、ただやみくもに食べればいいというわけではありません。いろいろな食材に含まれている食物繊維を理解して、上手に組み合わせて食べることが大切です。さっそくチェックしていきましょう!

腸内の善玉菌を増やそう

お尻にも内臓にも負担がかからないようにするには、まず「いい便」を作り、排便をスムーズにすることが大事です。ヨーグルトやキムチなどに含まれる乳酸菌は、腸内で善玉菌として働き、整腸作用の効果が期待できます。(※1)

下痢や便秘などの不調を解消するために、これらの乳酸発酵食品を食べるのがおすすめです。野菜はサラダではなく、温野菜にして温めて摂取することで、体を冷やしません。

痔に効く食べ物とは?

根菜類(大根・ゴボウ・れんこん)

ゴボウやれんこんなどの根菜類は、食物繊維を豊富に含むものとして知られています。根菜類に多く含まれている食物繊維は、水に溶けにくい「不溶性食物繊維」です。腸の働きを活発化させ、排便を促します。(※2)

また、根菜は体を冷やしにくいものが多いので、痔に大敵である「冷え」の対策にもつながります。

海藻類

昆布やわかめ、ひじきは、水に溶けやすい水溶性の食物繊維を豊かに含んでいる食べ物です。水溶性食物繊維は、便をやわらかくしてくれる作用があります。(※2)慢性的な便秘の方は、水溶性と不溶性のバランスを考えて摂取するようにしましょう。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

noranora69

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう