実は女性に多い?痔を和らげる効果が期待できる食べ物のまとめ

実は、日本では痔に悩む女性が多いのですが、痔に効果的な食べ物があるんです。今回は善玉菌を増やし腸内環境を整え、そもそも痔を事前に防ぐとっておきの食材をご紹介。悪い影響を及ぼす食材も確認しながら、まずは食生活を見直してみませんか?

痔を治すためには

痔を治すためには「食物繊維」が必要だそうです。しかし食物繊維が含まれているものをただやみくもに食べればいいというわけではありません。いろいろな食材に含まれている食物繊維を理解して上手に組み合わせて食べるようにしましょう。

しかもお尻にやさしい食べ物は同時にダイエットにも有効な食べ物になるようです。早速チェックしていきましょう!

腸内の善玉菌を増やそう

お尻にも内臓にも負担がかからないようにするには、まず「いい便」を作り、排便をスムーズにすることが大事です。ヨーグルトやキムチなどに含まれる乳酸菌は、腸内の善玉菌を増やし整腸作用の効果が期待できます。

下痢や便秘などの不調を解消するために、これらの乳酸発酵食品を食べるのがおすすめです。野菜はサラダではなく、温野菜にして温めて摂取することで体を冷やしません。

痔に効く食べ物とは?

根菜類(大根・ゴボウ・れんこん)

大根やゴボウ、れんこんは食物繊維を豊富に含むものとして知られています。根菜類の食物繊維は水に溶けづらい「不溶性食物繊維」です。便のかさを増し、腸を刺激して蠕動運動を促します。

また体を冷やしにくいものが多いので、痔に大敵の「冷え」を防ぐことができます。

海藻類

昆布やわかめ、ひじきは水溶性の食物繊維を豊かに含んでいる食べ物です。水溶性食物繊維は便をやわらかくしてくれる作用があります。

便秘が多い方は、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維のバランスを考えて、摂取するようにしましょう。

豆類(特に納豆)

ほかの食物繊維を含む食べ物と比べて、たっぷりの量を摂取できて、料理もしやすいのが大豆類です。食物繊維のほか、粘膜や皮膚の生成時に必要なビタミン類や良質のたんぱく質を豊富に含んでいます。

中でも納豆は、腸内環境を整える働きがありますので、痔の予防対策にも期待できます。

魚類

魚類というと、ちょっと意外にも感じられますが、便を排出するには脂分も大事。魚類、特に青魚の含んでいるビタミン類はお尻の周囲の皮膚や粘膜を丈夫にして腸管内の潤滑油としても役割を果たしてくれます。お肉の場合、その脂は腸内で悪玉菌を増加させるので、お肉だけに偏らずお魚も摂取するようにしましょう。

痔に悪い影響をもたらす食べ物

もうだいたい想像もできることと思いますが、ファストフードやコンビニの食べ物は食物繊維が少なく、肉や脂を含んだ食べ物も多いので、腸内に悪玉菌が増えてしまう原因になります。

忙しい場合、どうしても短時間で食事を済ませてしまい、食事の時間も不規則になりがちになりますが、なるべく決まった時間に摂取して、消化サイクルを規則正しく整えることで、排泄もスムーズになります。

まずは食生活の見直しを

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

noranora69

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう