2. 具材を入れて煮る

Photo by Uli

鍋に白菜の茎部分、にんじん、長ねぎ、たけのこ、豆腐、まいたけを入れます。白菜がやわらかくなるまで煮ます。

3. たらの切り身と葉もの野菜を加える

Photo by Uli

春菊と白菜の葉部分、たらの切り身を鍋に加えてさっと煮ます。たらに火が通ったら完成です。お好みで、にんじんをまとめてお箸でつかみ、くるくるっとお箸を回して花のように盛り付けます。

コツ・ポイント

たら鍋をきれいに作るポイントは、たらの切り身を入れるタイミングです。ほかの具材と長時間いっしょに煮ると、たらの身が崩れてしまう場合があります。

火が通りにくい野菜を先に煮込んでから、葉もの野菜を加えるのと同じタイミングでたらの切り身を入れましょう。煮崩れのない、やわらかい食感のたらを堪能できますよ。

たらで作る絶品おかず5選

1. バター香る。たらのムニエル

Photo by macaroni

調理時間:20分

たらをシンプルに味わいたいときはムニエルがおすすめ。オリーブオイルとバターで表面をカリッと焼き上げるのがおいしさの秘訣です。淡白なたらにまろやかな旨味と、豊かな香りがつきますよ。レモンやトマトを添えれば彩りも完璧で、おしゃれなひと皿に仕上がります。

2. 青のり風味。たらのチーズピカタ

Photo by macaroni

調理時間:20分

青のりが香るたらのピカタは、作り置きやお弁当にぴったりなひと品。クセのないたらと、コクのあるチーズ、風味豊かな青のりが相性抜群です!そのままはもちろん、ケチャップをディップしてもおいしくいただけます。味をしっかりつけるので、冷めてもおいしくいただけますよ。

3. クリーミー!たらのケチャマヨ和え

Photo by macaroni

調理時間:15分

たらをケチャップとマヨネーズで和えれば、お子さんが食べやすいおかずになります。粒マスタードと牛乳を使い、さわやかな刺激とクリーミーな味わいをプラスするのがポイント。砂糖を加えて甘口に仕上げてもいいですね。濃厚な味わいがあとを引き、お箸が止まらなくなってしまうかも。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ