【定番料理】たらのムニエルの基本レシピ!水分が成功の鍵◎

たらのムニエルの基本の作り方やコツ、ソースのアレンジ、副菜におすすめのレシピについてまとめました。コツはたったの3つ!この3つのコツをおさえて、お店顔負けのたらのムニエルを作りませんか?ソースを変えるだけでも、バリエーションが広がりますよ。

2018年10月11日 更新

定番の白身魚料理「たらのムニエル」

スタイリングされたたらのムニエル

Photo by lanne_mm

ムニエルとは、魚の切り身に小麦粉をまぶし、バターなどでこんがり焼いたフランス料理です。

ただ焼くだけの単純なお料理に見えますが、意外と失敗したり、お店の味にはほど遠くなったり……なんてこともありますよね。失敗例としては、魚の身がくずれてしまったり、べちゃっとした仕上がりだったり、生臭さが残ったり、焼きすぎてしまったりなど、当てはまった人もいるのでは⁉

今回は、たらのムニエルの基本の作り方とコツ、ソースのアレンジ、副菜におすすめのレシピについてまとめました。コツをおさえて、いろいろなソースでたらのムニエルを楽しみましょう。

簡単◎「たらのムニエル」のレシピ

白いお皿に盛られたたらのムニエル

Photo by lanne_mm

フランス料理でのムニエルの定番は、レモンを使うそう。レモンを加えることで、バターの油っぽををおさえて、さっぱりとした仕上がりにします。たらの臭みもレモンがかきけしてくれますよ。

まずは、定番のソースでムニエルを楽しみましょう。もちろん、たら以外の鮭や鯛などの魚でもOKです。

材料(2人分)

たらのムニエルの材料

Photo by lanne_mm

・生たら      2切れ
・塩こしょう    少々
・小麦粉      適量
・バター      10g
・サラダ油     大さじ1
・レモン汁     大さじ1
・レモン輪切り   2切れ
・パセリ      お好みで

たらの下ごしらえ

1. 塩こしょうをする
たらに塩コショウしている様子

Photo by lanne_mm

たらの両面に塩こしょうをして、10分ほどそのままおきます。
2. 水分を拭き取る
たらの水分を拭き取っている様子

Photo by lanne_mm

たらから水分や臭みが出てくるので、キッチンペーパーなどできちんと拭き取ります。しっかり拭き取らないと、べちゃっとした仕上がりの原因になってしまいます。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

lanne_mm

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう