ししゃもの栄養を効率よく摂り入れる調理法

ししゃもに含まれるビタミンDやビタミンEは油に溶ける性質があります。吸収率を高めるには、揚げる・焼くなど、油を使った調理がおすすめです。

また、ししゃもに豊富なカルシウムを効率よく摂り入れるには、ビタミンDやビタミンKが必要。ビタミンDはきのこや卵に、ビタミンKは、納豆や緑黄色野菜に豊富です。ししゃもを食べるときは、これらの食材を組み合わせましょう。(※3,7,18)

ししゃもの栄養を効率よく摂り入れるレシピ5選

1. ししゃもの南蛮漬け

Photo by macaroni

さっぱりとした味わいが魅力的な、ししゃもの南蛮漬けです。ピーマンや玉ねぎなどの野菜をたっぷり使うため、ボリュームがありますよ。野菜に豊富な「ビタミンC」は、鉄の吸収を高める作用があり、ししゃもの鉄を効率よく摂るのに役立ちます。(※4)

2. ししゃもと大葉の春巻き

Photo by macaroni

春巻きの皮でししゃもと大葉を巻き、カリッと揚げ焼きにするレシピです。ししゃもの塩気を活かし、調味料を使用しないのがポイント。大葉には、骨にカルシウムを摂り込むサポートをする「ビタミンK」が豊富に含まれていますよ。(※3)

3. ししゃもとシシトウのバター焼き

フライパンで作る、ししゃものバター焼きです。合わせて焼くシシトウが彩りのアクセントに。油を使ってししゃもを焼くことで、油に溶けやすい性質があるビタミンDやビタミンEを効率よく摂れますよ。(※7,18)

4. ししゃものピカタ

ししゃもをチーズ入りの卵液にくぐらせて焼く、ピカタのレシピです。ししゃもを洋風にアレンジできますよ。卵にはビタミンDが多く含まれており、ししゃもに豊富なカルシウムの吸収を促してくれます。(※3)

5. ししゃものポン酢マリネ

ししゃもを焼き、カイワレ菜やミョウガをトッピングして仕上げるマリネです。味付けはポン酢だけなので、簡単に作れますよ。酸味があるポン酢は、胃酸の分泌を促すため、鉄の吸収を高めるのに役立ちます。(※4)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS