ライター : IsFoodHealthLABO

I's Food & Health LABO.(アイズフードヘルスラボ) 管理栄養士、栄養士をはじめとした有資格者が所属する食と健康のエキスパート集団。EBN(Evidence Based Nutrition)の考え方を大…もっとみる

小松菜の栄養成分とは

小松菜に含まれている栄養成分のなかでも注目すべきものは、カルシウム、鉄、葉酸、ビタミンCの4つ。ほかにも、カリウム、β-カロテン、食物繊維などが含まれています。 カルシウム、鉄、カリウムはミネラルの一種で、体内で合成することができないのため、食べ物から摂る必要があります。 それでは、各々の栄養素の特徴や、働きをみていきましょう。(※1,2)

小松菜の栄養成分の働き

カルシウム

小松菜100gあたり、170mgのカルシウムが含まれています。骨や歯を形成するのに必要なミネラルの一種です。 カルシウムはビタミンDの摂取量や運動によっても吸収率や利用効率がことなるので、吸収効率をあげるためには、カルシウムと同時にビタミンDを摂ることと、運動をして骨に適度な刺激を与えることが大切です。(※1,3)

小松菜100gあたり、2.8mgの鉄が含まれています。私たちに必要な微量ミネラルの一種で、赤血球のヘモグロビンに多く存在しています。 鉄を摂る量が少ないと、鉄欠乏性貧血になることもあるので不足しないよう積極的に摂ることをおすすめします。特に女性は月経で鉄が失われがちなので、鉄を意識して料理に取り入れるといいでしょう。(※1,4)

葉酸

小松菜100gあたり、110μgの葉酸が含まれています。水溶性ビタミンの一種で、酸素を運ぶ赤血球を成熟させる働きがあります。 葉酸が不足すると、巨赤芽球性貧血になる可能性があるので、積極的に摂りたい栄養素です。とくに妊娠を計画していたり、妊娠の可能性がある女性や妊婦さんは1日あたり+200μg(付加量)の葉酸を摂るといいでしょう。(※1,5,6)

ビタミンC

小松菜100gあたり、39mgのビタミンCが含まれています。皮膚や細胞のコラーゲン合成に欠かせない水溶性ビタミンの一種。また生体内でビタミンEと相互作用して、活性酸素を除去し細胞を保護する抗酸化作用もあると言われています。(※1,7)

カリウム

小松菜100gあたり、500mgのカリウムが含まれています。ミネラルの一種で体液の浸透圧を調整したり、ナトリウムを体外に排泄する働きがあると言われています。(※1,8)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS