2. 野菜と大豆製品たっぷり。簡単豆乳鍋

Photo by macaroni

お好みの具材と野菜を豆乳で煮込むだけで簡単に作れる豆乳鍋は、豆乳をそのまま飲むのが苦手な方におすすめのヘルシーレシピ。 豆腐や油揚げなどの大豆製品を加えることで、大豆の栄養をたっぷり補給できます。

3. 糖質の代謝をサポート。豚肉と野菜のピリ辛豆乳スープ

Photo by macaroni

豚肉やミックスビーンズ、カラフルな野菜がたっぷり入った目でも楽しめる豆乳スープです。 豚肉には、豆乳にも含まれている「ビタミンB1」が豊富。糖質の代謝をサポートしてくれるため、糖質のとりすぎが気になる方にぴったりのひと品ですよ。(※2)

4. 肌の健康をサポート。ブルーベリーとキウイの豆乳スムージー

Photo by macaroni

豆乳はスムージーの材料としてとりいれてもOK。こちらはブルーベリーとキウイを使い、2層に仕上げた彩りのよいひと品です。

コラーゲンの生成に欠かせない「ビタミンC」が豊富な果物を豆乳に合わせることで、ダイエット中の肌の健康をサポートしてくれますよ。(※12)

5. ダイエット中のおやつに。豆乳きな粉プリン

Photo by macaroni

たった3つだけの材料で作れる豆乳きな粉プリンです。 プリンを手作りする場合は牛乳が基本ですが、牛乳に含まれるたんぱく質よりも消化に時間がかかる「大豆たんぱく質」が豊富な豆乳におきかえることで腹持ちがアップ。(※1)

豆乳ダイエットは無理のない範囲ではじめよう!

大豆イソフラボンや大豆サポニンといった大豆製品特有の栄養成分や、ビタミンが豊富に含まれている豆乳。とくに腹持ちがよいことから、食事前や間食の代わりに豆乳を飲むことで、無理なくカロリーを調整するのに活用できます。

ただし、豆乳のカロリーや糖質量は少なくないため、肥満の原因となるおそれもあります。ダイエットに役立つとはいえ、飲みすぎないように注意しましょう。また、運動習慣も見直してみましょう。
【参考文献】
(2020/1/22参照)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS