「大豆イソフラボン」がホルモンバランスを整える

豆乳に含まれる「大豆イソフラボン」は、女性ホルモンの「エストロゲン」と似た構造をしており、ダイエット中の女性ホルモンのバランスを整えるのに役立つ栄養成分です。

大豆イソフラボンには生理前の身体症状や生理痛を緩和するほかに、肌のシミやしわなどを防ぐはたらきがあるといわれていますよ。(※7,8,9)

「大豆サポニン」には抗酸化作用がある

血液中の脂肪やコレステロールが「活性酸素」によって酸化されると、LDLコレステロールとして血管に蓄積されてしまいます。豆乳には抗酸化作用がある「大豆サポニン」が含まれているため、活性酸素を除去し、血液中の脂肪の酸化を防いでくれますよ。

また、脂肪の燃焼をうながすはたらきのある「アディポネクチン」の分泌を助ける作用も。サポニンはダイエットをサポートしてくれる働きがありそうですね。(※7,10)

豆乳ダイエットの方法は?食前がおすすめ?

一般的なやり方

豆乳ダイエットでは、一日に200ml入りの豆乳を1~3本ほど飲むことを習慣にするのが基本です。大豆の栄養を効率的に摂取するために、無調整豆乳または調製豆乳を飲むとよいですよ。

朝食に飲む、間食として飲む、食前に飲む……とさまざまなやり方がありますが、飲むタイミングに決まりはありません。ただし、さまざまなタイミングで豆乳をとると、飲みすぎになるおそれも。ご自身のライフスタイルに合わせて、無理のない範囲で取り入れましょう。

管理栄養士がおすすめするやり方

カロリーのとりすぎにならないよう、豆乳を飲む量は一日あたり1本(200ml)にとどめておきましょう。豆乳を飲むおすすめのタイミングは、食事の前です。豆乳に含まれる「大豆たんぱく質」が満腹中枢を刺激することから、食べすぎをセーブできますよ。

また、豆乳を飲むだけでなく、運動量を増やすよう心がけることも大切です。(※1)

豆乳ダイエットの注意点は?

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS