ライター : camel6808

普段はとある企業でせこせこ働いてます。 思いついたときにフラっと喫茶店のプリンを食べに行くのが趣味です。 皆さまにレシピやグルメ系の情報が発信できるよう、がんばっていきます。

まずはここから!豆乳の基礎知識

豆乳とはお豆腐を作る段階でできる飲み物のことで、大豆を水煮浸してすり潰し、水を加えて煮詰めた汁を濾したものです。ここへ「にがり」を入れると豆腐が完成します。 牛乳とよく似ていますが中身は違います。たとえば牛乳は動物性ですが豆乳は大豆が原料なので植物性。味は大豆の風味がしっかり感じられ、サラッとした飲みごこちです。

豆乳に含まれる栄養素

別名「畑の肉」とも呼ばれる大豆を原料としているため、豆乳には良質なたんぱく質が豊富に含まれています。 また、女性にとって忘れてはならないのが大豆イソフラボン! 女性ホルモンと似た働きがある大豆イソフラボンと、サポニンという美肌効果が期待できる栄養素がたっぷりなんです。また、ビタミン類やオリゴ糖といった栄養素も豊富に含まれており、美容が気になる女性にとってはうれしい効果が期待できるものばかりとなっています。(※1)

豆乳で期待できる効果は?

美肌効果

Photo by Snapmart

豆乳には豊富なビタミン類が含まれており、美肌効果に期待できます。また、大豆イソフラボンの効果でお肌の新陳代謝を整えてくれる効果も。ニキビや乾燥肌に悩んでいる人にもおすすめです。美肌を目指したい人は、豆乳を日常的に取り入れてみるとよいかもしれませんね。(※1)

ダイエット効果

ダイエット中に気になるコレステロールに、豆乳に含まれているサポニンが効率よく働きかけます。余計な脂肪分を分解し、肥満予防に繋がるでしょう。コレストロール値が気になる人にもおすすめです。お料理やデザートにうまく取り入れてみてください。(※1)

便秘の改善

豆乳にも含まれる大豆由来のオリゴ糖は腸内環境を整える働きを促進し、自然なお通じへと導いてくれる効果が期待できます。便秘でお悩みの人は、毎日豆乳を飲み続けるだけで体質改善の効果があるかもしれません。(※1)

高血圧

血圧が高くなりやすい人にも豆乳はおすすめ。サポニンの作用で血液に含まれている脂肪分が分解され、血流を促す効果が期待できます。また肥満予防、動脈硬化の予防にもなり、健康面において良いことづくめですよ。(※1)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS