ライター : 上田 裕美

管理栄養士

J.S.Aソムリエ、調理師。栄養専門学校を卒業後、都内イタリア料理店で専門的な料理とワインの知識を学ぶ。管理栄養士資格を取得し、在宅訪問栄養指導、病院や保育園で献立やレシピの作成…もっとみる

豆乳を飲むことで期待できる効果6つ紹介

肌の健康をサポート

豆乳は、ビタミンEが豊富な食材。ビタミンEには血行促進作用があり、新陳代謝をサポートして、肌のターンオーバーを促すはたらきがあります。

また、豆乳にはイソフラボンが含まれています。イソフラボンは肌を保湿する作用のほか、過剰なメラニンの生成を抑えるので、シミやソバカスの対策にも役立ちますよ。

健康な肌を目指したい人は、豆乳を日常的に摂り入れるのがおすすめです。(※1,2,3)

ダイエット効果

豆乳には、レシチンやサポニンといった成分が含まれています。

レシチンは水と油を混ざり合わせる作用があり、血液中の余分なコレステロールを溶かすはたらきが。サポニンは腸で吸収したブドウ糖と脂肪の合成を抑制するので、脂肪の蓄積を抑え、肥満の対策に役立ちますよ。

また、コレステロール値が気になる方にも豆乳はおすすめ。レシチンやサポニンには、血中の悪玉コレステロールを減少させる作用もあります。(※2,4,5)

便秘対策

豆乳には、大豆由来のオリゴ糖が含まれています。オリゴ糖は人の消化酵素ではほとんど分解されず、そのまま腸まで届く栄養素。腸内で善玉菌であるビフィズス菌のエサとなって、増殖を助けます。

ビフィズス菌が増えると有機酸を作り出すため、腸内が弱酸性になり、悪玉菌の活動を抑えるはたらきが。腸の運動が活発になるので、便秘の対策に役立ちますよ。(※2,6)

血行を促す

豆乳に含まれるビタミンEは、毛細血管を広げて血行を促すはたらきがあります。血行が良くなると冷えの対策になるほか、筋肉に十分な酸素や栄養が行き渡るため、肩こりにも役立ちますよ。

また、レシチンは水と油を混ざり合わせる乳化作用によって、血管壁に余分なコレステロールが付着するのを抑え、血管を健康に保つ作用があります。(※4,7,8)

女性ホルモンのはたらきをサポート

大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに似た構造をしているのが特徴。体内では、エストロゲンの過不足を補うはたらきがあります。

特に閉経後の女性は、エストロゲンが不足することにより骨にカルシウムが届けられにくくなるため、骨がもろくなる傾向が。イソフラボンがエストロゲンのはたらきを補うことで、骨を健全に保つのを助けてくれますよ。(※2)

貧血対策

鉄は血液中にある、赤血球の材料となる栄養素。不足すると貧血を引き起こすため、積極的に摂取する必要があります。

豆乳に含まれる非ヘム鉄は、動物性食品に含まれるヘム鉄に比べて、吸収率が低いのがデメリット。ビタミンCは非ヘム鉄の吸収を促進する作用があるので、一緒に摂るのがおすすめですよ。(※9,10)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ