ライター : haru_mai

管理栄養士

大学卒業後、医療機関に勤務し栄養指導や献立作成、調理を経験。食事をとおして病気の予防や、日々の食事の大切さについて伝えていければと思います。カフェめぐりや旅行が好きです。

「酒粕甘酒」と「米麹甘酒」の違い

甘酒には酒粕から作るもの(以下、酒粕甘酒)と、米麹から作るもの(以下、米麹甘酒)の2種類があります。風味はもちろん、カロリーや栄養成分なども異なりますが、基本的にはどちらにも栄養が豊富に含まれています。

特に「米麹甘酒」は、“飲む点滴” と言われるほど栄養価が高く、女性を中心にブームとなっています。“飲む点滴” と言われる由来は、豊富な栄養成分が含まれているためだとか。

この記事では米麹甘酒に着目して、具体的な栄養効能をひとつずつ解説していきます。今日からすぐに試せるおすすめの飲み方や飲む際のポイント、アレンジレシピも要チェックです!(※1)

米麹甘酒に期待できる、女性に嬉しい効果効能

肌の健康をサポート

米麹甘酒には、ビタミンB2やB6、ナイアシンなどのビタミンB群が豊富に含まれます。ビタミンB群はたんぱく質の代謝を助ける作用があり、皮膚や粘膜の健康維持に必要な成分です。

水溶性ビタミンであるビタミンB群は、水に溶けだしやすいという性質があります。丸ごと飲める甘酒は、これらの栄養素を余すことなく摂り入れることができますよ。(※2,3,4,5)

ダイエットのサポート

米麹甘酒に数多く含まれる酵素のひとつである「リパーゼ」には、脂肪を分解するはたらきがあります。また、米麹の生成過程で生まれるブドウ糖が血糖値をあげることで、脳の満腹中枢に情報が伝達され、食欲を抑えてくれると言われています。

カロリーは、酒粕甘酒よりも米麹甘酒のほうが高めです。ただし、酒粕甘酒は砂糖を入れないと甘くない一方で、米麹甘酒のほうは砂糖なしでも甘みがあります。酒粕甘酒に、砂糖小さじ2杯(6g)入れると米麹甘酒と同じカロリーになるので、気になる方はたくさん入れないようにしましょう。(※6,7,8,9)

便秘の対策

米麹甘酒には、食物繊維とオリゴ糖が豊富に含まれています。米麹の食物繊維には、水溶性と不溶性が両方とも含まれているのが特徴。どちらにも腸内の善玉菌のエサとなって腸内環境を整え、さらに不溶性食物繊維は腸を刺激して排便を促します

オリゴ糖もまた、腸内の善玉菌を増やすことで腸内環境を整える作用があるため、食物繊維とともに便秘対策が期待できますよ。(※2,10,11)

エネルギー代謝を助ける

米麹甘酒に含まれるビタミンB1には、エネルギーを生産するための代謝を助ける補酵素としての役割があります。

米麹甘酒を使って料理を作る際は、長ねぎやにんにくなどの香味野菜、玉ねぎと合わせるのがおすすめ。これらの野菜に含まれるアリシンが、ビタミンB1の吸収率をアップさせますよ。(※2,12)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS