トマト酢を日課に。効果と飲み方を管理栄養士が伝授!

最近話題になってきているトマト酢。トマト酢には一体どんな成分が含まれ、どのようにつくればいいのでしょうか?そこで、トマト酢に含まれる成分や、基本レシピ、アレンジレシピなどをご紹介してきいたいと思います。

2018年11月24日 更新

トマト酢って何?

トマト酢とはトマトを絞ったジュースを発酵させてお酢にしたもの、もしくは、トマト自体を酢に漬け込んだもののことをいいます。トマトやお酢の成分を手軽にとることができる!とじわじわと人気になっているのだそうですよ♪

トマト酢はそのままドリンクとして楽しむだけでなく、ドレッシングとしてサラダにかけたり、調理ソースとして使ったりと幅広く活用することができます。アレンジの幅も人気の秘密なのかもしれませんね。

トマト酢に含まれる栄養素とは?

1. リコピン

トマトに含まれている代表的な栄養素がリコピンです。リコピンはトマトの赤い色素の成分です。そのため、より完熟に近く、真っ赤なトマトに多く含まれています♪ 最近ではリコピンが多く含まれているトマトも販売されていますよ。

2. カリウム

トマトには100gあたり210mgのカリウムが含まれています。カリウムには、利尿作用や体液を調整する作用があり、体内の余計な水分を排出するはたらきをもっています。そのため、むくみ予防の効果が期待できます!

また、ナトリウムを多くとるとカリウムの必要量が多くなることがわかっています。塩辛いものを多く食べる方は積極的にカリウムをとるようにしましょう。
1 / 6
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

fujiko0503

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう