「アーモンド」の効果がすごい。1日25粒でやせる、きれいになる!

ナッツの健康効果に注目が集まる昨今、栄養豊かなアーモンドでダイエットできる!きれいになる!と人気です。なぜ、アーモンドにそのような効果が期待できるのでしょうか?アーモンドの栄養や効果的な食べ方などをまとめて紹介します。

アーモンドは高カロリーでもやせる

最近、ナッツの健康効果に注目が集まっていますね。ココナッツ、マカデミアナッツ、くるみなど、よく話題にのぼるのでご存じの人も少なくないでしょう。

数あるナッツのなかでも、特に高い健康効果で知られているのが「アーモンド」です。アーモンドと聞くと、「高カロリーで太りやすい」とか「ニキビができてしまう」というイメージを持たれがち。でも、じつはダイエットしたい人にとっても健康志向の人にとっても、アーモンドはおすすめの食品なんですよ。

実際、アメリカのハーバード大学で、こんな研究がおこなわれたそうです。18歳〜50歳の50人を対象にして、1日の摂取カロリーを男性1500kcal、女性1200kcalに抑えたダイエットを6ヶ月行い、低脂肪の食事を行ったグループよりもアーモンドやオリーブオイルなどの不飽和脂肪酸を摂取したグループの方が、効率よく体重減少が見られたんだそう。しかも、1年たってもリバウンドがなかったということです。

それは、なぜでしょうか?今回はアーモンドの栄養、効果についてまとめます。

アーモンドは栄養満点!

ビタミンE

100g中に31.4mg含まれており、全粒の穀物やナッツ類を含め、丸ごと食べられる食品の中で一番の含有量です。

ミネラル

必須栄養素のミネラルが多く含まれています。特に含有量が多いのは、カリウム、リン、マグネシウム、カルシウム、鉄、亜鉛、マンガンの6種類です。

不飽和脂肪酸

アーモンドの脂質のほとんどは不飽和脂肪酸で構成されています。この油は「体にいい油」で、健康・美容に役立ちます。

食物繊維

100g中に10.1g含まれています。食物繊維の豊富な食品として知られるごぼうと比べても、なんと倍近い量です。

アーモンドの効果効能

ダイエット効果

まず注目したいのが、アーモンドのダイエット効果です。アーモンドの主成分はオレイン酸、リノール酸という「不飽和脂肪酸」。そして、アーモンドには食物繊維も多いため、体内の老廃物の排出をサポートする便秘対策、また食後血糖値の上昇を抑えて、ブドウ糖を余分に吸収しないように働いてくれます。

美肌作用

アーモンドと聞くと肌荒れの原因になる、というイメージですが、実は美肌作用があります。老化の原因となる活性酸素を除去するビタミンEを豊富に含み、また、エネルギーの産生、皮膚の健康維持に役立つビタミンB群もたっぷりです。

アンチエイジング効果

アンチエイジングに役立つ点も、アーモンドをとるメリットといえます。抗酸化作用を持つビタミンEが豊富なことに加えて、ここでご紹介したいのが「AGEの生成を抑えてくれる」というアーモンドの作用でしょう。

見慣れない言葉かもしれませんが、じつは老化や生活習慣病の原因になるとして、最近、とても注目を集めています。 AGEは日本語で「終末糖化産物」といって、タンパク質と糖が体温で熱せっられてできる物質のこと。AGEが血管内にたくさん溜まってしまうと、肌が老化してシワやシミを増やしてしまうだけでなく、体内の組織に作用するのでさまざまな病気を引き起こしかねません。アーモンドには、このAGEの排出を促す作用が期待されています。

便秘対策

食物繊維を多く含んでいるので、お通じの状態をよくしてくれます。便秘予防にぜひおすすめしたい食品といえます。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

tep

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう