ライター : ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅広く書いていこうと思います。日本酒が好きで飲み歩きも多いこの頃。旅行先のカフェに行くのも好きです。どうぞ宜…もっとみる

甘酒のアルコール度数は?

甘酒は、そのイメージと違ってアルコール分が大変少ないお酒です。甘酒のアルコール分は1%未満。分類は酒類ではなく、普通の飲み物、つまり清涼飲料水です。アルコールを含むものと含まないものがあります。ただし、1%未満とはいえ、アルコールに弱い方などは飲む際によく注意してください。

甘酒と間違われる中国由来のお酒である白酒は、アルコール分が約8%といわれています。バイチューといわれる白酒は、お酒表示があり、酒類扱い。間違えないように気をつけましょう。

甘酒は、缶や四角いびんに入っていることが多く、白酒は下が丸く、丸底フラスコに似た形をしている容器に入っていることが多いです。このように甘酒はアルコール分が少ないですが、かといって飲み過ぎは厳禁。特にカロリーが高い飲料のため、気になる人は注意してくださいね。

原材料で変わる甘酒のアルコール量

甘酒の種類は材料によって2種類にわけられます。市販で販売されている甘酒の多くはアルコール量が1%以下のため、ソフトドリンクに分類されます。

注意が必要なのは、自家製で甘酒を作る場合。酒粕と米麹どちらが原料かによって、アルコール量が変化します。

酒粕を原材料とする甘酒のアルコール度数

日本酒を作るとき、最後に残るのが酒粕です。また、酒粕を使用した甘酒の場合、酒粕自体に100g中およそ8%のアルコールが含まれています。酒粕を原料とする甘酒を作ると、加熱によってアルコールが飛ぶため、およそ5.5%のアルコールが残ります。

呼気1Lあたりにアルコール濃度が0.15mg以上含まれると、飲酒運転とみなされるので、注意しましょう。また、アルコールが含まれていることを意識し、飲み過ぎには十分気をつけてください。

米麹を原材料とする甘酒のアルコール度数

米麹にはアルコールは含まれていないので、0%です。伝統的な甘酒は、米麹とお米を熟成発酵して作られます。甘酒ダイエットに向いているのは、こちらのタイプの甘酒です。

米麹の甘みがブドウ糖なので、効率よくエネルギーチャージができるでしょう。その理由から、飲む点滴とも呼ばれています。

ノンアルコール甘酒の作り方

前述しましたが、酒粕を原材料とする甘酒にはアルコールが含まれます。そこで、ここでは甘酒のアルコールを飛ばす方法をご紹介。

沸騰させる

お酒を使った料理を作るとき同様、甘酒も時間をかけて沸騰させることで、たいていのアルコールは飛びます。しかし、どうしても微量のアルコールは残ってしまいます。そのため、しっかりアルコールを飛ばしたい場合は下記の方法がおすすめです。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS