ビールの値段はどれくらい?コンビニ・スーパー・居酒屋で比較

ビールを少しでもお得な値段で購入したい!そう思っている人は多いのではないでしょうか。ビールの値段は、居酒屋やコンビニ、スーパーでどれくらい違うの?また、缶ビールと瓶ビールではどう違う?納得できるビールの値段について、考えてみましょう。

2018年6月15日 更新

ビールは結局、どこで買うのがお得?

とりあえず乾杯!でおなじみのビールは、みなさんどこで購入していますか?ビールの値段は気になるところですが、実際に「どこで買うのがお得なのか」知らない人も多いはず。

今回はそんなビールの値段について、徹底調査!缶ビールから瓶ビール、居酒屋の値段まで詳しく見ていきましょう。

【スーパーvsコンビニvsAmazon】500mlビール平均価格

まずは、定番の「500ml缶ビール」を比較してみましょう。定番ブランドのビールは、買う場所でどれくらい差があるのでしょうか?

(調査結果は全て、2018年6月5日現在のものです。)

通常ビール(スーパードライ)の平均価格

スーパー:約260円
コンビニ:約284円
Amazon:約258円

スーパードライの平均価格を見てみると、通販サイトであるAmazonが最もお安い値段になっていました。スーパーはお店におって割引があるようですが、コンビニではほぼこの価格であることが多いようです。

発泡酒(淡麗)の平均価格

スーパー:約189円
コンビニ:約224円
Amazon:約190円

発泡酒の人気商品でもある一番搾りは、以外にもAmazonよりスーパーの平均価格の方がお安くなっていました。ただし、店舗によっては割引サービスなどもあるので、あくまでも目安となります。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

manaminmin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう