どっちがおいしい?「瓶ビール」と「缶ビール」の違いが気になる!

お酒好きには欠かせないビール。瓶、缶、生などさまざまな種類のビールがありますが、その違いって何なのか知っていますか?誰もが気になりながら、なかなか調べられることのない瓶ビールや缶ビール、そしてその他のビールについてご紹介します!

2017年12月6日 更新

瓶ビールは缶ビールよりおいしい?

お酒が大好きな人にとって欠かせないのが「ビール」ですよね。始めの一杯は取りあえずビール、もしくは飲む時は最初から最後までビール一択、という方もいるのではないでしょうか。家で飲む際は手軽にコンビニやスーパーで購入できる缶ビールである方が圧倒的に多いと思いますが、外で飲む際には多くの場合サーバーからジョッキに注いで提供される「生ビール」と、瓶のまま提供される「瓶ビール」の選択肢がありますよね。
じつは、瓶ビールは缶ビールよりもおいしい、という説があるんです。缶と瓶、そしてお店で飲むジョッキに注がれたビールにはいったいどのような違いがあるのでしょうか?お酒の席で自慢できちゃうこと間違いなしの、ビールについての雑学をご紹介します!

違うのは容器だけ!じつは中身は同じ

主に瓶、缶、ジョッキのビールがありますが、じつは容器が違うだけでその中身は全て同じです。よくジョッキのビールは「生ビール」、瓶入りのビールは「瓶ビール」とメニューに表記しているお店がありますが、瓶に入っていても、缶に入っていても本当のところは「生ビール」なんですね。
つまり、中に入っているものは一緒でも、容器によって温度や、ガスの充填されている量の違いや、鮮度によって味は大きく変化するんです。よく勘違いされがちなのが、ジョッキのビールが一番おいしいということですが、それはサーバーが毎回しっかりと洗浄されている状態に保たれているときの話であり、しっかり洗浄されていないのであれば、瓶ビールを頼んだほうが衛生的にもおいしさの面でもずっといいのです。

缶ビールが金属臭いと感じるのはなぜ?

「缶ビールは金属臭い」と聞いたことがあるかもしれませんんが、それは大きな間違いです。ビールの容器の缶の内側は特殊な樹脂でコーティングされているため、ビールと金属が直接触れ合うことはありません。つまり、ビールから金属の味がすることはないのです。おそらく、缶から直接飲む時に唇に金属が触れる感覚によって、ビールから金属の味がするという錯覚が起こっているのだと思われます。
そう聞いても何となく缶ビールが苦手……、という方は缶から直接飲まずにグラスに注いでから飲むようにすればよいかもしれませんね。鮮度を保つために充填されたガスがほどよく抜け、炭酸の刺激が弱くなるので、金属っぽさを思い起こさせるキーンとした感覚が弱まるはずです。

味が違うように感じる原因は?

いろいろ説明されても、やっぱり飲んでみると瓶や缶、ジョッキでそれぞれ味が違う……、と思っている方はいませんか?その味の違いはどうやら瓶や缶の注ぎ口の違いにあるようです。
瓶の注ぎ口は細く、その構造上グラスに注いだ際に泡が立ちにくく、さらに炭酸ガスが抜けににくいのです。そのため、飲んだ時の炭酸の刺激を強く感じることが多いようです。一方で缶ビールは瓶に比べて注ぎ口から勢いよくビールが出てくるので、炭酸ガスが抜けやすく、飲んだ時の炭酸の刺激がやや弱く感じることが多いようです。
ちなみに、瓶ビールと缶ビールには長期保存が利くようにサーバーのビールよりもガスが多めに充填されています。そのため、グラスに注いでから少し時間をおいてガスを抜いたほうがおいしく飲めるそうですよ。
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

shochang

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう