冷えたまま!薄まらない!史上最高のビールの飲み方にネットが歓喜

飲みきれず排水口ゆきの缶ビールを凍らせると超絶うまいと、ツイッターで注目を集めています。時間がたったビールは炭酸も香りも抜けきって、しかもぬるくてあまりおいしいとは言えません。これをむだにせず、おいしく飲む方法を実証してみました。

2017年8月2日 更新

残ったビールを凍らすと、超絶うまい

飲みきれなかったビール、あなたならどうしますか?

捨てるか、気の抜けきったぬるいまま飲むか。きっと多くの人が、泣く泣く排水口行きのパターンを選ぶでしょう。でも、もったいないと思いませんか?そんな問題をいとも簡単に解決できる「冷凍ビール」が超絶うまい!と、ツイッターで大旋風を巻き起こしています。

「は?ビールを凍らせちゃうの?」と、誰もが耳を疑うはず。むしろ、ビールを凍らすという発想自体、なかなか思いつきません。というわけで今回は、飲み残したビールをむだにすることなく、むしろもっとおいしくするやり方を実証してみました。

なんでビールを凍らせるの?

きっかけとなった方のツイッターを見てみたところ、やり方は以下のようです。

前の日にうっかり飲み残したビールを缶ごと、冷凍庫へ。そして翌日、冷凍庫で凍らせた缶のふたを缶切りでくり抜くと、飲みかけのビールが完全に固まってカッチカチ。ここからが本題です!

その凍ったビールの上から、冷蔵庫で冷やしたビールをドボドボ注いでみると、まあすてき。昨日のビールが氷となって、今日のビールの中で優雅にプカプカ浮かんでいます。

これは、今まで捨てるか、我慢して飲むかの2択しかなかった、ビールの飲み残し問題に新たな風を吹き込んでくれたのです。「あぁもう、また残して〜」の雰囲気になっても、凍らせる選択肢があるから一安心。

冷凍ビールの飲み方

用意するもの

・飲み残しで作った氷
・冷たいビール
・グラス

飲み方

背が高めのグラスに、飲み残したビールを流し入れて固めた氷を3〜4個入れます。泡が立たないようグラスを斜めに傾け、冷たいビールを注ぎ入れてください。一気飲みしてもよし、さきイカやするめをおつまみにちびちび飲むものよし。

ちなみに今回は、飲み残しのビールを製氷皿に入れて固めました。ビジュアルにもこだわりたいのであれば、製氷皿がおすすめです。
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

yuitoss

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう