冷えたまま!薄まらない!史上最高のビールの飲み方にネットが歓喜

飲みきれず排水口ゆきの缶ビールを凍らせると超絶うまいと、ツイッターで注目を集めています。時間がたったビールは炭酸も香りも抜けきって、しかもぬるくてあまりおいしいとは言えません。これをむだにせず、おいしく飲む方法を実証してみました。

残ったビールを凍らすと、超絶うまい

飲みきれなかったビール、あなたならどうしますか?

捨てるか、気の抜けきったぬるいまま飲むか。きっと多くの人が、泣く泣く排水口行きのパターンを選ぶでしょう。でも、もったいないと思いませんか?そんな問題をいとも簡単に解決できる「冷凍ビール」が超絶うまい!と、ツイッターで大旋風を巻き起こしています。

「は?ビールを凍らせちゃうの?」と、誰もが耳を疑うはず。むしろ、ビールを凍らすという発想自体、なかなか思いつきません。というわけで今回は、飲み残したビールをむだにすることなく、むしろもっとおいしくするやり方を実証してみました。

なんでビールを凍らせるの?

きっかけとなった方のツイッターを見てみたところ、やり方は以下のようです。

前の日にうっかり飲み残したビールを缶ごと、冷凍庫へ。そして翌日、冷凍庫で凍らせた缶のふたを缶切りでくり抜くと、飲みかけのビールが完全に固まってカッチカチ。ここからが本題です!

その凍ったビールの上から、冷蔵庫で冷やしたビールをドボドボ注いでみると、まあすてき。昨日のビールが氷となって、今日のビールの中で優雅にプカプカ浮かんでいます。

これは、今まで捨てるか、我慢して飲むかの2択しかなかった、ビールの飲み残し問題に新たな風を吹き込んでくれたのです。「あぁもう、また残して〜」の雰囲気になっても、凍らせる選択肢があるから一安心。

冷凍ビールの飲み方

用意するもの

・飲み残しで作った氷
・冷たいビール
・グラス

飲み方

背が高めのグラスに、飲み残したビールを流し入れて固めた氷を3〜4個入れます。泡が立たないようグラスを斜めに傾け、冷たいビールを注ぎ入れてください。一気飲みしてもよし、さきイカやするめをおつまみにちびちび飲むものよし。

ちなみに今回は、飲み残しのビールを製氷皿に入れて固めました。ビジュアルにもこだわりたいのであれば、製氷皿がおすすめです。

凍らせるとどうなる?

史上最高にキンキン

飲んだ感想はとにかく、冷たい。きっとあなたが今までの人生で飲んできたビールのなかで、群を抜いて、いや史上最高のキンキン感。普通時間が経つとぬるくなって、ひと口めのおいしさはいずこへ。。。パターンがほとんどでしょう。今までに感じたことのないこの刺激、ぜひあなた自身で体感してみてくださいね。

溶けても薄まらない

最大の魅力は、味が薄まらないこと。なぜなら、飲み残しのビールを氷にしているからです。時間が経てば、確かに氷は溶けてゆきます。それでも、安定した麦の香りは健在。たっぷり汗をかいた暑い夏もいいけど、これからはこたつでビールなんてどうですか?ぜひチャレンジしてください!

凍らせるときの注意点

よく「炭酸系は爆発するから、凍らせちゃだめだよ」って言われています。これは、ビールも同じ。

炭酸系は水の中に、二酸化炭素が溶けています。開封すると、「シュワ〜〜」と音がするのはこの二酸化炭素が気体となって外に出ていくから。でも、これを凍らせると二酸化炭素が中に閉じ込められて体積ごと凍ってしまうんです。凍らせると危険、と言われているのはこのため。

実際、炭酸飲料を凍らせて怪我をした事件がイギリス、中国で起きています。今回は飲み残したビールをむだにすることなく、むしろさらにおいしく飲む方法をご紹介しました。くれぐれも、未開封の缶を丸ごと冷凍庫へ入れぬようご注意ください。

よりおいしく、より豊かに。

「今日も1日疲れたぁ〜。プシュ〜」と勢いよく開けた缶ビール。飲みきれなくて、思いがけず残してしまったときに捨てるか、それとも気の抜けきった状態で飲むか……。究極の選択を迫られたシーンできっと活躍するであろう、おいしいビールの飲み方をご紹介しました。

飲み残しをうまく活用したこの飲み方、ぜひ今度トライしてみて。あなたのまわりのビール好きに、教えてあげてください。きっと、誰しもがこの旨さにハマるはず。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

yuitoss

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう