ライター : 4575

子育てフードライター

小学生の子どもを持つママ、4575です。家事や仕事に忙しくてもおいしいごはんを作りたい!とレシピを日々研究中。作り置きや時短料理など、毎日のお料理を楽しく作るレシピをたくさん紹…もっとみる

ペットボトル飲料の賞味期限はどのくらい?

ペットボトル飲料の賞味期限は、商品によって異なるものの、未開封で6ヶ月~1年程度です。ペットボトル飲料の主流である清涼飲料用は、殺菌処理が施されているため賞味期限が長く設定されているんです。

ペットボトル飲料の賞味期限の見方

ペットボトル飲料の賞味期限は、キャップのまわりやラベルに書かれていることが多いです。

たとえば、「2022年8月」と書かれているものは2022年の8月末日が賞味期限という意味です。ほかにも「20220831」と年月日を省いて書かれているものも。商品やメーカーによって表記が異なりますが、いずれも分かりやすく書かれていますよ。

アルファベットの意味は?

賞味期限を表す数字のうしろに書かれているアルファベットは、製造管理記号です。製造管理記号は、製造所の所在地と名称を表すもの。つまり、ペットボトル飲料がどの工場で製造されたかを表しています。

賞味期限とは?

「賞味期限」とは品質が変わらずにおいしく食べたり飲んだりできる期限のこと。期限を過ぎたからといって、すぐに食べられなくなるわけではありません。

また、賞味期限を定める際は、食品の特性ごとに安全係数を設定し、理化学試験や微生物試験などによる客観的な指標で得られた期限よりも、短く設定することが基本とされています。

ペットボトル飲料やレトルト食品のように、品質の変動が少ないものに関しては安全係数の目安を0.8に設定することが望ましいとされているため、賞味期限が6ヶ月(180日)のペットボトル飲料であれば、約7.5ヶ月(225日)まで品質が保持されていることになります。

【種類別】賞味期限切れのペットボトル飲料はいつまで飲める?

前述の通り、ペットボトル飲料は賞味期限が切れたからといって、すぐに飲めなくなるわけではありません。とはいえ、いつまでも飲めるのか気になるところ。ここでは、種類別に半年・1年・2年経過した際の目安を解説します。

なお、以下は未開封で正しく保存した場合のものです。保存環境によって状態が異なる場合があるため、あくまでも目安とし、ご自身で判断をおねがいします。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ