ライター : yuri

フードコーディネーター/フードスペシャリスト

食品メーカーの商品開発に長年従事。現在はオンラインで働きながら、ライティング活動もしています。macaroniライターを通じて、食に関するさまざまな情報をお届けします。

賞味期限と消費期限の違いを分かりやすく解説!

食品に記載されている賞味期限と消費期限。これには明確な違いがあり、消費者庁のホームページで公開されているガイドラインがあります。まず、簡単にそれぞれの違いを説明します!

賞味期限とは、おいしく食べることができる期限のことで、この期限が過ぎてもすぐに食べられないということではありません。食品の一例としては、スナック菓子、即席めん類、缶詰、牛乳、乳製品等が挙げられます。

消費期限とは、期限を過ぎたら食べない方が良い期限のことです。食品の一例としては、弁当、調理パン、惣菜、生洋菓子、食肉、生めん類などです。

また、表記の違いについては、消費期限は、年月日のみで記載されるのに対して、賞味期限は3か月を超えるものは年月で表示し、3ヵ月以内のものは月日で表示されるという違いもあるんですよ。

賞味期限と消費期限の定義・決め方

賞味期限と消費期限の定義については、農林水産省と厚生労働省によって設定された「食品期限表示の設定のためのガイドライン」に基づき、食品の情報を把握している製造業者等が科学的、合理的根拠をもって適正に設定されています。

賞味期限の定義は、「定められた方法により保存した場合において、期待されるすべての品質の保持が十分に可能であると認められる期限を示す年月日をいう。ただし、当該期限を超えた場合であっても、これらの品質が保持されていることがあるものとする」と定められています。

消費期限の定義は、「定められた方法により保存した場合において、腐敗、変敗そのほかの品質の劣化に伴い安全性を欠くこととなるおそれがないと認められる期限を示す年月日をいう」と定められています。
それぞれの食品の期限を決めているのはあくまでも国ではなく、製造業者等が責任を持って設定しているということが分かります。

なお、輸入食品についても、輸入業者が期限の設定根拠となる資料等を国外の製造業者から入手し、日本の法令に合っていることを確認して表示をおこなってるんですよ。つまり、自らの責任において期限表示を設定しているということですね!

消費期限切れは絶対に食べないほうがいいの?

冒頭に解説をした通り、消費期限はこれに限らずですが、主に鮮度の短いものや生ものなどは期限表示とされています。期限までは安全に食べられることを示していますが、この期限についても記載の保存方法が守られていることを前提としています。

未開封であっても、消費期限が過ぎてしまった食品は安全性が担保されていないので控えたほうがいいでしょう。特に体調のすぐれない方や身体の抵抗力が弱い方については、保存条件を守った期限内のものを食べてくださいね。

消費期限の限界は?

こちらも消費期限においては、記載の年月日以外で安全性の判断はむずかしいものです。

安全に食べられる限界は、保存条件を守り、消費期限の日にちや時間内であることに限ります。これは、食品の安全性だけでなくその商品のおいしさを保証していることにも関係しています。期限が過ぎてしまった食品は、食感やにおい、色、味についても劣化している場合があります。

保管条件は守っていたが、数時間過ぎてしまった場合は見た目やにおいなどをよく確認し、少しでも違和感があれば食べないほうが良いでしょう。

また、期限内であっても炎天下で持ち歩いていた場合や、冷蔵の食品を常温で長時間放置してしまった場合は、期限より早く劣化が進んでしまうことがあるので注意が必要です。

賞味期限切れは何日後までおいしく食べられる?

賞味期限切れの食品が何日後までおいしく食べられるかという基準を統一で定めることはできません。なぜなら、その食品の個々の特性、品質変化の要因や原材料の衛生状況、製造時の衛生、一般家庭での保存条件等によって差があるためです。

期限設定の基準は、これらに十分配慮した上で決定されますが、賞味期限においては、期限を過ぎた食品であっても、必ずしもすぐに食べられなくなるわけではないので、個々で判断する必要があります。

同じ食品でも製造しているメーカーによって差はありますが、見た目、におい等により、食べられるかどうかを自身で慎重に判断しましょう。

判断方法

食べられない食品かどうかを判断するときは、次のことを参考に確認してみてくださいね!

・色の変化はないか(黒ずんでいる、乾燥や離水しているなど)
・においに違和感を感じないか(酸っぱい、酸化、腐敗したにおいなど)
・通常とは違う味覚を強く感じないか(極端な酸味やえぐみ、苦味はないかなど)

食品によっても差はありますが、劣化するとこのような違和感や変化があります。そして見た目には分からない細菌などが増殖していた場合、その食品を食べると体調が悪くなってしまったり、食中毒を起こしてしまったりする危険性もあります。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ